メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

スライスの移行後に XFS が再接続されていないブート LUN

Views:
5
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

環境

  • NetApp Element ソフトウェア
  • Red Hat Enterprise Linux ( RHEL )上のホスト
  • LUN からホストをブートしています
  • XFS ファイルシステム

問題

  • スライスの移行後 、ホストがリブートされるまでは、 RHEL ホスト上の XFS ブート LUN をリダイレクトパスに接続する必要はありません
  • IO errors スライスの移行後すぐに RHEL ホストに表示されます
  • ストレージ側でフェイルオーバーが成功しても、ホストは古いパスへの接続を試行し続けるため、リダイレクトされたパス経由でボリュームの最初の読み取り / 書き込みを発行することはありません
Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support