メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

バーストクレジットは、 Element Quality of Service ( QoS )のコンテキストでどのように機能しますか。

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

Element ソフトウェア

Quality of Service(QoS)

回答

概要

Element QoS を使用すると、ボリュームは、そのボリュームが存在するノードの使用可能なリソースに基づいて、設定されている maxIOPS を超えて一定の期間ボリュームをバーストできます。 

バーストクレジットとバースト時間

バースト時にボリュームが消費できる IOPS とバーストの許容時間は、次の要因に基づいています。

  • 60 秒の時間増分( burstTime )(これは固定で変更できません):ボリュームがバーストするときのディスクリート増分を構成するものが 1 つ以上あります
  • ボリュームの構成済み MaxIOPS と BurstiOps の違い
  • ボリュームが長期にわたって発生するクレジット( BurstiopsEdit )

特定のボリュームの BurstiOps 、 MaxIOPS 、 BurstTime の値は、 ListActiveVolumes API 呼び出しで取得できます。  出力例:

"qos": {
        "burstIOPS": 1500,
        "burstTime": 60,
        "curve": { <snip> },
        "maxIOPS": 1000,
        "minIOPS": 50
         }

 

特定のボリュームの現在の BurstiOpsEdit 値は、 GetVolumeStats API コールを使用して取得できます。

最大 BurstiOpsEdit は、ボリュームの MaxIOPS と BurstiOps の差に 60 秒のバースト時間を掛けて計算されます。  例:

(burstIOPS - maxIOPS) * burstTime = burstIOPSCredit (Maximum)
(1500 - 1000) * 60 is 500 * 60 = 30000

バーストクレジットの使用

ボリュームバーストが発生すると、 Burstiopscredit を使用して、ボリュームの最大 IOPS ( BurstiOps の制限まで)を超えます。  最大では、ボリュームは毎秒 Burstiops-maxIOPS を消費します。  例:

Actual IOPS:  1500  (note this is equal to the volume's burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1500 - 1000 = 500 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 500 = 60 seconds

この例では、 Burstiopscredit が完全に消費されるまでに、ボリュームを最大 60 秒間バーストできます。
 
極端な例としては、ボリュームが最大 IOPS を超えてバーストしても、バースト性を下回っていることが挙げられます。  この場合、ボリュームは 60 秒以上バーストする可能性があります。  例:

Actual IOPS:  1200  (above maxIOPS but below burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1200 - 1000 = 200 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 200 = 150 seconds

この例では、ボリュームは 150 秒間バーストできます。

バーストクレジットの積立額

maxIOPS 未満で実行されているボリュームは、実行されているボリュームの maxIOPS よりもどれだけ低いかに相当するバーストクレジットも獲得されます。  例:

Actual IOPS:  800
 
maxIOPS - Actual IOPS = 1000 - 800 = 200 burstIOPSCredit accrued per second
burstIOPSCredit (Maximum) / burstIOPSCredit accrued per second = 30000 / 200 = 150 seconds to reach the maximum burstIOPSCredit

この場合、最大バースト編集を完全に実行するには、ボリュームが 150 秒( 2.5 分)かかることになります。
 
ここに示す例では、 Burstiopscredit が最大であると仮定しています。  これは必ずしも同じではありませんが、すべての計算が同じように機能します。  ボリュームの現在の BurstiOpsEdit の容量は、 GetVolumeStats API 呼び出しで表示できます。

例外:ノード上に、その minipops に到達できないボリュームがある場合、すべてのボリュームに対して BurstiOps がリセットされます

追加情報

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device