メインコンテンツまでスキップ
We are redesigning the NetApp Knowledge Base site to make it easier to use and navigate. The new and improved site will be available the first week of October. Check out our video or read this KB article to know more about changes you’ll see on the site.

バーストクレジットは、 Element Quality of Service ( QoS )のコンテキストでどのように機能しますか。

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

Element ソフトウェア

Quality of Service(QoS)

回答

概要

Element QoS を使用すると、ボリュームは、そのボリュームが存在するノードの使用可能なリソースに基づいて、設定されている maxIOPS を超えて一定の期間ボリュームをバーストできます。 

バーストクレジットとバースト時間

バースト時にボリュームが消費できる IOPS とバーストの許容時間は、次の要因に基づいています。

  • 60 秒の時間増分( burstTime )(これは固定で変更できません):ボリュームがバーストするときのディスクリート増分を構成するものが 1 つ以上あります
  • ボリュームの構成済み MaxIOPS と BurstiOps の違い
  • ボリュームが長期にわたって発生するクレジット( BurstiopsEdit )

特定のボリュームの BurstiOps 、 MaxIOPS 、 BurstTime の値は、 ListActiveVolumes API 呼び出しで取得できます。  出力例:

"qos": {
        "burstIOPS": 1500,
        "burstTime": 60,
        "curve": { <snip> },
        "maxIOPS": 1000,
        "minIOPS": 50
         }

 

特定のボリュームの現在の BurstiOpsEdit 値は、 GetVolumeStats API コールを使用して取得できます。

最大 BurstiOpsEdit は、ボリュームの MaxIOPS と BurstiOps の差に 60 秒のバースト時間を掛けて計算されます。  例:

(burstIOPS - maxIOPS) * burstTime = burstIOPSCredit (Maximum)
(1500 - 1000) * 60 is 500 * 60 = 30000

バーストクレジットの使用

ボリュームバーストが発生すると、 Burstiopscredit を使用して、ボリュームの最大 IOPS ( BurstiOps の制限まで)を超えます。  最大では、ボリュームは毎秒 Burstiops-maxIOPS を消費します。  例:

Actual IOPS:  1500  (note this is equal to the volume's burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1500 - 1000 = 500 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 500 = 60 seconds

この例では、 Burstiopscredit が完全に消費されるまでに、ボリュームを最大 60 秒間バーストできます。
 
極端な例としては、ボリュームが最大 IOPS を超えてバーストしても、バースト性を下回っていることが挙げられます。  この場合、ボリュームは 60 秒以上バーストする可能性があります。  例:

Actual IOPS:  1200  (above maxIOPS but below burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1200 - 1000 = 200 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 200 = 150 seconds

この例では、ボリュームは 150 秒間バーストできます。

バーストクレジットの積立額

maxIOPS 未満で実行されているボリュームは、実行されているボリュームの maxIOPS よりもどれだけ低いかに相当するバーストクレジットも獲得されます。  例:

Actual IOPS:  800
 
maxIOPS - Actual IOPS = 1000 - 800 = 200 burstIOPSCredit accrued per second
burstIOPSCredit (Maximum) / burstIOPSCredit accrued per second = 30000 / 200 = 150 seconds to reach the maximum burstIOPSCredit

この場合、最大バースト編集を完全に実行するには、ボリュームが 150 秒( 2.5 分)かかることになります。
 
ここに示す例では、 Burstiopscredit が最大であると仮定しています。  これは必ずしも同じではありませんが、すべての計算が同じように機能します。  ボリュームの現在の BurstiOpsEdit の容量は、 GetVolumeStats API 呼び出しで表示できます。

例外:ノード上に、その minipops に到達できないボリュームがある場合、すべてのボリュームに対して BurstiOps がリセットされます

追加情報

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support