メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

NetApp Element ソフトウェアを実行しているストレージクラスタのアップグレードマトリックスを教えてください。

Views:
100
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

のとう  

環境

  • NetApp SolidFire オールフラッシュアレイ 
  • NetApp SolidFire クラスタのパフォーマンス 
  • NetApp Element ソフトウェア 

回答

この資料では、 NetApp Element ソフトウェアのアップグレードバージョンとパスについて説明します。

この資料の情報は、特に記載がない限り、すべての NetApp HCI およびオールフラッシュストレージプラットフォームに適用されます。この表NetApp Supportに記載されていないエレメントバージョンは、サポート対象外であるか、サポート期間が限定されている可能性があり、アップグレードを実行するにはからのサポートが必要です。

注:ストレージクラスタのエレメントバージョンをアップグレードする場合は、必ず最新バージョンの HealthTools をインストールして使用してください。手順の詳細なアップグレードについて [1]は、こちらを参照してください。 

重要: Element 12.3 は、 NetApp HealthTools を使用してアップグレードできる最終バージョンです。Element 11.3 以降を実行している場合は、 NetApp Hybrid Cloud Control を使用して Element ソフトウェアをアップグレードする必要があります。Element バージョン 11.1 以前は、 NetApp HealthTools を使用してアップグレードできます。

凡例:

* :エレメント 9.3 からのアップグレード前の HealthChecking がサポートされます。 

:ファイバチャネルノード FC0025 および FCN001 は、これらのエレメントバージョンではサポートされていません。

^: .x を使用する場合は、すべてを示します。リリースのバージョン。たとえば、 10.x にはエレメント 10.0 のすべてのバージョン、つまり、 10.1 、 10.2 などが含まれます。

次の表に、 Element でサポートされるアップグレードパスを示します。最初の列でストレージクラスタが現在実行しているバージョンを確認し、クラスタのアップグレード先となる Element のバージョンを確認します。 

クラスタで現在エレメントバージョンを実行している場合 ... Element バージョン 10.x を実行している管理ノードを使用して、これらのバージョンにアップグレードできます Element バージョン 11.x を実行
している管理ノードを使用して、これらのバージョンにアップグレードできます。注: 10.x と 11.x の両方を使用してアップグレードできる場合は、 11. x 管理ノードを使用します。 : If you can upgrade using both 10.x and 11.x, use the 11.x management node.
管理ノード 11.3+ では、新しい管理ノードアーキテクチャをサポートするために、ストレージクラスタ上のエレメント 11.3+ が必要です。
9.0* 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.1* 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.2.0 * 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.2.1 * 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.3 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.4 9.5.1 、 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
9.5.0 9.5.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4、 10.5、 10.6
9.5.1 10.4.1、 10.4.2 † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.1、 10.4.2 † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^
10.0 10.1 、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x† ^ 、 10.5.x† ^、 10.6.x† ^、 11.0.x† ^ 、 11.0.x † ^、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.4.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.1 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.x† ^ 、 10.5.x† ^、 10.6.x† ^、 11.0.x† ^ 、 11.0.x † ^、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.4.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.2 10.3.0、 10.3.1、 10.4.x† ^ 、 10.5.x† ^ 、 10.5.x † ^、 10.6.x† ^ 10.3.1、 10.4.x† ^ 、 10.5.x† ^、 10.6.x† ^ 、11.0.x† ^、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x ^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.3.0 10.3.1、 10.4.x † ^ 、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.3.1、 10.4.x† ^ 、 10.5.x† ^、 10.6.x† ^ 、11.0.x† ^、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x ^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.3.1 10.4.1、 10.4.2 †、 10.5.x † ^ 、 10.6.x † ^ 10.4.1、 10.4.2、 10.5.1、 10.6.1、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.1.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.4.0 10.4.1、 10.4.2、 10.5 † ^ 、 10.6 † ^ 10.4.1、 10.4.2、 10.5、 10.6、 11.0、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x ^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.4.1 10.4.2、 10.5.1、 10.6 10.4.2、 10.5.x^ 、 10.6.x† ^、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.4.2 10.5.1、 10.6.1  10.5.1、 10.6.1、 11.1.1^ 、 11.1.2 、 11.5.x 、 11.7 、 11.8.x^
10.5.0 10.5.1、 10.6.x † ^ 10.5.1、 10.6.x† ^、 11.1.1^ 、 11.3P1 、 11.1.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.5.1 10.6.1 10.6.1、 11.1.1^ 、 11.3P1 11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.6 10.6.1 10.6.1、 11.3.1 、 11.1.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
10.6.1   11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^
11.0.0   11.0.2 †、 11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.0.2   11.1.1^ 、 11.3.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.1.0   11.1.x ^ 、 11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x ^ 、 11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.1.1   11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^ 、12.x^
11.3.0   11.3P1 、 11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^ 、12.x^
11.3.1 ( 11.3P1 )   11.0.2 、 11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^ 、12.x^
11.3.2   11.5.x^ 、 11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.5.0   11.5.1, 11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.5.1   11.7 、 11.8.x^、 12.x^
11.7   11.8.x^、 12.x^
11.8   11.8.1+^ 、 12.x^
11.8.1   11.8.2, 12.0.1 、 12.2.1 、 12.3.x^
11.8.2.   12.2.1 、 12.3.x^
12.0   12.0.1 、 12.2 、 12.2.1 、 12.3.x^
12.0.1   12.2.1 、 12.3.x^
12.2   12.2.1 、 12.3.x^
12.2.1   12.3.x^
12.3   12.3.x^
12.3.1.   12.3.2 以降
 

 

追加情報

N/A

 

Scan to view the article on your device