メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Element ソフトウェアのアップグレード中に機能しない API コールはどれか?

Views:
38
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

NetApp Element ソフトウェア

回答

このリストには、エレメントソフトウェアのアップグレード中に実行できないすべての API 呼び出しが含まれています。 

以下の * 付き API はforceDuringUpgrade、ネットアップのサポートによるオーバーライドを可能にする API です。アップグレードの進行中は、他のすべての機能が無効になります。

警告:クラスタが「アップグレードモード」のときに API を実行する場合は注意が必要です。アップグレード中にこれらの API のいずれ[1]かを実行する必要がある場合は、ネットアップ・テクニカル・サポートにお問い合わせください。この記事を参照してください。
  • AddNodes*
  • RemoveNodes*
  • AddDrives*
  • RemoveDrives*
  • CreateInitiators*
  • DeleteInitiators*
  • ModifyInitiators*
  • CreateVolumeAccessGroup*
  • ModifyVolumeAccessGroup*
  • ModifyVolumeAccessGroupLunAssignments*
  • AddInitiatorsToVolumeAccessGroup*
  • RemoveInitiatorsFromVolumeAccessGroup*
  • AddVolumesToVolumeAccessGroup*
  • RemoveVolumesFromVolumeAccessGroup*
  • DeleteVolumeAccessGroup*
  • SecureEraseDrives
  • EnableEncryptionAtRest
  • DisableEncryptionAtRest
  • AddVirtualNetwork
  • RemoveVirtualNetwork
  • ModifyVirtualNetwork
  • EnableFeature
  • SetSSLCertificate
  • RemoveSSLCertificate
  • SetClusterStructure
  • CheckProposedNodeAdditions
  • SetSupplementalTlsCiphers
  • ResetSupplementalTlsCiphers

*forceDuringUpgrade オプションを使用して実行できる API 。

注:

  • Element Software 11.7 以降では、アップグレード時に iSCSI 専用クラスタの API 制限が解除されます
  • API の制限は、エレメントソフトウェアのバージョンに関係なく、 FC (ファイバチャネル)ノードを含むすべてのクラスタに適用されます

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device