メインコンテンツまでスキップ

Element ストレージノード内の 25GbE SFP+ が 10GbE とネゴシエートしないのはなぜですか。

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software
Specialty:
solidfire
Last Updated:

に適用されます

  • Element ソフトウェア
  • H シリーズストレージノードと 25GbE 対応 NIC
    • H610S
    • H410S
    • H300S / H500S / H700S (廃止)

回答

25GbE に対応した NIC を搭載した Element ストレージノードは、その速度と自動ネゴシエートしません( 25GbE SFP+ トランシーバが接続されている場合も同様)。ただし、接続先のスイッチは CAN になります。
 
10GbE SFP+ トランシーバを搭載したストレージノードは、接続速度の自動ネゴシエーションを行う 25GbE SFP+ トランシーバを搭載したスイッチポートに接続できますが、この場合、スイッチは 10GbE にのみネゴシエートします。
 
このシナリオでは、スイッチとストレージ側の両方で 10GbE トランシーバを使用することを推奨します。ただし、ネゴシエーションがスイッチ側で行われる場合は必ず同じです。
 
 

追加情報

AdditionalInformation_Text