メインコンテンツまでスキップ

NFSv3 に関する ESX / ESXi の既知の問題 / 回避策 / ベストプラクティス

Views:
120
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
host-utilities
Specialty:
nfs
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • VMware ESXi 5.5 U1
  • ESXi 5.x ホスト 

 

回答

Data ONTAP 7-Mode または clustered Data ONTAP を実行している NetApp FAS コントローラと併用する場合の、 ESX / ESXi NFS クライアントの主な既知の問題、回避策、およびベストプラクティスを次に示します。

既知の問題と回避策: :

  • VMware ESXi 5.5 U1 で NFS APD が断続的
    に発生する ESXi 5.5 Update 1 を実行すると、 ESXi ホストが NFS ストレージへの接続を断続的に失い、 NFS ボリュームに対する All Paths Down ( APD )状態が観察されます。
    この問題は ESXi 5.5 Express パッチ 04 で解決されています。パッチのインストール手順[1][2]
    については、 VMware の記事 2076392 および 2077414 を参照してください。注:この修正は ESXi 5.5 U2 以降のリリースに含まれており、追加のパッチは不要です。
     

  • NFS が有効になっている一部の NetApp ストレージコントローラで、大量の要求が発生しているワークロードで NFS エクスポートをランダムに切断すると、次のような現象が発生することがあります。
    • NFS データストアは、 vCenter Server で使用できない(グレー表示)ように見えるか、 vSphere クライアントからアクセスしたときに表示されます。
    • 数分後に NFS 共有が消え、再び表示されます。
    • NFS データストアが使用できない場合、 NFS データストアに配置されている仮想マシンはハング / 一時停止状態になります。
      この問題は、ホストを ESXi 5.x にアップグレードした後、または ESXi 5.x ホストを環境に追加した後に発生することがよくあります。
      この問題の詳細について[3]は、バグ 654196 を参照してください。
  • vSphere 2015 VMware Virtual Volumes ( VVol ):ネゴシエートされていないストレージフェイルオーバー処理中に Windows 2012 ゲスト OS で I/O が中断される

VVol 環境でネゴシエートされていないストレージフェイルオーバー処理を実行すると、 Windows 2012 ゲスト OS でランダムな I/O 停止が発生することがあります。この問題は調査中であり、ネゴシエートされていないストレージフェイルオーバー処理を実行する場合は注意が必要です。