メインコンテンツまでスキップ

DRテスト中にNFSクライアントの「ls」コマンドがハングします

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf<a>2009269842</a>
Last Updated:

環境

  • オブジェクトストレージ
  • Fabric Pool
  • ONTAP 9
  • AWS

問題

  • ストレージからLinuxボックスへのNFSマウントがマウントされているが、ファイルの一覧表示でハングする。
  • qos statistics volume latency showコマンドでは、クラウドサブシステムでの断続的な増加を確認できます。
  • qos statistics performance showコマンドを使用すると、該当するボリュームのレイテンシが高くなります。
  • 階層化ポリシーがsnapshot-onlyに設定され、ディレクトリへのアクセスが有効になりました。
    • この場合、クライアントはクラウド階層のファイルにアクセスできたため、同じにアクセスしようとしました。
  • オブジェクトストアプロファイラはレイテンシが高い状態で失敗します。

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device