メインコンテンツまでスキップ

Linux クライアントは、 NFS 経由で .snapshot ディレクトリにアクセスする際に、追加のマウントポイントを作成します

のしんだ

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP
  • Linux カーネル 2.6.18 以降のバージョン

問題

  • 最新 .snapshot の Linux クライアントでは、ディレクトリが別のファイルシステムであることから、別のマウントポイントであると認識されます。
  • スナップショットが削除されると、クライアントは .snapshot ベースのサブマウントについて 'Sale filehandle' を報告します
  • Linux ホストで「 mount 」コマンドを実行すると、マウントされている Snapshot が多数表示され、アンマウントできません。

1.1.1.1:/some_export/cluster/.snapshot/hourly.2015-08-03_0705 on /some-mount/.snapshot/hourly.2015-08-03_0705 type nfs (rw,relatime,vers=3,rsize=32768,wsize=32768,namlen=255,soft,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,mountproto=,local_lock=none,addr=10.1.100.101)

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device