メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Linux クライアントは、 NFS 経由で .snapshot ディレクトリにアクセスする際に、追加のマウントポイントを作成します

のしんだ

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP
  • Linux カーネル 2.6.18 以降のバージョン

問題

  • 最新 .snapshot の Linux クライアントでは、ディレクトリが別のファイルシステムであることから、別のマウントポイントであると認識されます。
  • スナップショットが削除されると、クライアントは .snapshot ベースのサブマウントについて 'Sale filehandle' を報告します
  • Linux ホストで「 mount 」コマンドを実行すると、マウントされている Snapshot が多数表示され、アンマウントできません。

1.1.1.1:/some_export/cluster/.snapshot/hourly.2015-08-03_0705 on /some-mount/.snapshot/hourly.2015-08-03_0705 type nfs (rw,relatime,vers=3,rsize=32768,wsize=32768,namlen=255,soft,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,mountproto=,local_lock=none,addr=10.1.100.101)

 

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support