メインコンテンツまでスキップ

アプリケーションがクラッシュし、 ONTAP 9.7 の LUN では実行されません

Views:
23
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

環境

 

  • ONTAP 9.7 以降
  • Linux
  • ASMFD を使用した Oracle ASM
  • MongoDB
  • GPFS

問題

  • 一部のアプリケーションでは、ホストの SCSI レイヤであるデフォルトの max_Sections_kb が考慮されないため、カスタムの udev ルールまたは multipath.conf 設定を使用して、デフォルトの 64KB よりも大きい値を設定する必要があります。
  • ホストが転送サイズの max_sector _kb 設定を 1024 ( 1MB )と同様に設定していて、 1024 より大きい値が設定されている場合、 64KB の転送に戻ります。  アプリケーションが 64KB よりも大きい転送を必要とする場合、正常に動作しません。
  • ONTAP 9.7 All SAN Array では、ホストに不正な要求が返され、転送が 1MB を超える場合はアプリケーションが機能しません。
  • ONTAP 9.7 では、すべてではない SAN アレイの転送量が 1MB を超えます が許可され、デバッグメッセージがログに記録されます scsiblade.invalid.xfer.len 非すべての SAN アレイについては、制限は適用されません それよりも新しいバージョンの ONTAP ですべての SAN アレイを使用できるようになります

Sat Sep 10 12:35:26 +0300 [NTAP-CLUS1-01: scsit_lu_1: scsiblade.invalid.xfer.len:notice]: Host type VMWARE sent command opcode 0x2a with a transfer length of 1212420 bytes, which exceeds the maximum of 1MB on LUN 80BdL+N-YTYV.

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device