メインコンテンツまでスキップ

アプリケーションがクラッシュし、 ONTAP 9.7 の LUN では実行されません

Views:
12
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

 

  • ONTAP 9.7 以降
  • Linux
  • ASMFD を使用した Oracle ASM
  • MongoDB
  • GPFS

問題

 

  • 一部のアプリケーションでは、ホストの SCSI レイヤであるデフォルトの max_Sections_kb が考慮されないため、カスタムの udev ルールまたは multipath.conf 設定を使用して、デフォルトの 64KB よりも大きい値を設定する必要があります。
  • ホストが転送サイズの max_sector _kb 設定を 1024 ( 1MB )と同様に設定していて、 1024 より大きい値が設定されている場合、 64KB の転送に戻ります。  アプリケーションが 64KB よりも大きい転送を必要とする場合、正常に動作しません。
  • ONTAP 9.7 All SAN Array では、ホストに不正な要求が返され、転送が 1MB を超える場合はアプリケーションが機能しません。
  • ONTAP 9.7 では、すべてではない SAN アレイの転送量が 1MB を超えます が許可され、デバッグメッセージがログに記録されます scsiblade.invalid.xfer.len 非すべての SAN アレイについては、制限は適用されません それよりも新しいバージョンの ONTAP ですべての SAN アレイを使用できるようになります

Sat Sep 10 12:35:26 +0300 [NTAP-CLUS1-01: scsit_lu_1: scsiblade.invalid.xfer.len:notice]: Host type VMWARE sent command opcode 0x2a with a transfer length of 1212420 bytes, which exceeds the maximum of 1MB on LUN 80BdL+N-YTYV.


 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support