メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP では、ローカルユーザとローカルグループおよびワークグループモードはサポートされていますか。

Views:
233
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

 clustered Data ONTAP 8.2 

回答

clustered Data ONTAP では、ローカルユーザとローカルグループおよびワークグループモードはサポートされていますか。

ワークグループモードは、Windowsの標準機能で、Active Directoryドメインなしでワークステーションを操作できます。これは、DCの対話なしでデータを認証し、提供する機能です。以前のバージョンのclustered ONTAP ではワークグループモードのサポートは提供されていませんが、ONTAP9以降ではサポートが追加されています。この機能は、次のような状況で重要です。

  • お客様がMicrosoftドメインインフラストラクチャを望まない場合
  • お客様がポリシーの規制によってMicrosoftドメインを使用できない場合

ローカルユーザとローカルグループ(ラグ)は、SVMのローカルのユーザアカウントを作成する機能です。認証と許可は、通常、ドメインコントローラが使用できない場合など、極端な状況でローカルユーザとローカルグループを使用して行うことができます。clustered ONTAP 8.2以降では、ラグが追加されています。
メモ: ラグはワークグループモードの前提条件にすぎません。clustered ONTAP 8.2.xまたは8.3.xのラグのサポートがあっても、CIFSはワークグループモードでは実行できません。つまり、CIFS SVMの作成にはActive Directoryドメインも必要です。この制限は、ONTAP9以降、ワークグループモードを完全にサポートするようになっています。
 
[clustered Data ONTAP 8.2.x / 8.3.x ]
clustered ONTAP 8.2.xおよび8.3.xでラグを有効にする方法
ローカルユーザとローカルグループの有効化または無効化
Cluster::>vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-local-users-and-groups-enabled true/false
:ローカルユーザ認証の有効化または無効化:
Cluster::>vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-local-auth-enabled true/false
ONTAP 9以降
ワークグループモード用に設定された新しいCIFSサーバの作成方法
Cluster::>vserver cifs create -vserver vserver_name -cifs-server cifs_server_name -workgroup workgroup_name
 
CIFSサーバをドメインからワークグループに移動するにはどうすればよいですか。
Cluster::>vserver cifs modify -vserver vserver_name -cifs-server cifs_server_name -status-admin down -workgroup workgroup_name 
ワークグループからドメインへのCIFSサーバの移動方法
Cluster::>vserver cifs modify -vserver vserver_name -cifs-server cifs_server_name -status-admin down -domain domain_name

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

Scan to view the article on your device