メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

NetApp ストレージでの ALUA ( Asymmetric Logical Unit Access )のサポート: FAQ (よくある質問

Views:
98
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7 以前 
  • FlexPod 

回答

非対称論理ユニットアクセスとは

ALUA ( Asymmetric Logical Unit Access )は、ターゲットポートグループサポート( TPGS )とも呼ばれ、 SCSI デバイスのパスの優先順位付けを定義する SCSI の概念とコマンドのセットです。ALUA は、 SCSI ポートのステータスとアクセス特性を表すための形式化された方法です。つまり、パスは高速、低速、またはダウンとして記述され、標準に準拠した方法でこれらの状態間の移行が行われます。この規格は、ホストとストレージデバイス間でのマルチパス I/O の管理方法に関するプロトコルを定義するために設計されています。また、ベンダー固有のコーディングや複雑さも軽減されます。

ターゲットポートには識別子が与えられます。識別子は、ストレージシステムのターゲットノード( single_image 構成の場合はクラスタ)に固有であり、ターゲットポートグループに編成されます。ターゲットポートグループは、論理ユニット番号( LUN )への同じアクセス特性を共有するターゲットポート ID の集合です。ホストMAINTENANCE_ININQUIRYは、コマンドを使用して LUN のすべてのターゲットポートグループのリストを取得し、要求を使用して特定のパスのターゲットポート ID を取得します。その後、ホストはこの情報を使用してパスを編成します。

INQUIRYコマンドと newREPORT_TARGET_PORT_GROUPS コマンドで使用できる新しいターゲットポート ID を使用すると、任意の SCSI ターゲットデバイスのアクセス特性を取得できます。

ストレージシステムは、 LUN に次の 4 つの状態を実装します。

  • Active/Optimized
  • Active/Non-Optimized
  • 利用不可
  • 移行中

これらは、次の既存の Data ONTAP 用語に対応しています。

  • ローカル / 高速 / プライマリ
  • パートナー / プロキシ / 低速 / セカンダリ
  • クラスタ IC がダウンしています。パスが機能していません
  • パスが別の状態に移行しています

ALUA を使用する理由

従来、ネットアップは、相互に作用する SCSI マルチパススタックごとにプラグインを作成してきました。これらのプラグインでは、 NetApp ベンダー固有の SCSI コマンドを使用して、パスをプライマリまたはセカンダリとして識別しました。ALUA をサポートする SCSI マルチパススタックと組み合わせて使用することで、ホスト側に新しいコードを記述することなく、すぐに使用可能なサポートが得られます。たとえば、 ALUA がサポート/kernel/drv/scsi_vhci.confされている場合、 Solaris での VID/PID 情報の定義は不要になりました。

Data ONTAP は明示的な形式ではなく、暗黙的な ALUA スタイルを実装しています。暗黙的な ALUA により、ターゲット・デバイスはターゲット・ポート・グループの状態に対するすべての変更を担当します。暗黙的アクセスでは、デバイスのコントローラがパス接続の状態を管理します。この場合、標準では、 LUN への複数のパスの間で、パス間にパフォーマンスの違いがあることが認識されます。そのため、パス固有のメッセージが含まれています。このメッセージは、フェイルオーバー / ギブバック時の変更など、パスの特性を変更します。

暗黙的な ALUA スタイルでは、ホストマルチパスソフトウェアはパス状態を監視できますが、自動または手動では変更できません。アクティブパスのうち、優先パス( T10 で最適化)と非優先パス(非最適化)を指定できます。アクティブな優先パスがある場合、これらのパスだけがコマンドを受信し、コマンドを均等に分散するようにロードバランシングされます。アクティブな優先パスがない場合は、アクティブな非優先パスがラウンドロビン方式で使用されます。優先されないアクティブなパスがない場合は、コントローラがスタンバイパスをアクティブにするまで LUN にアクセスできません。

ALUA をサポートするホストで ALUA を使用することは、ネットアップのベストプラクティスです。
:クラスタフェイルオーバーを実行するとシステムが中断したり、データが失われる可能性があるため、導入前にホストが ALUA をサポートしていることを確認してください。個々のホストに提供されるすべての NetApp LUN で ALUA を有効にする必要があります。これは、ホストの MPIO ソフトウェアでは、同じベンダーのすべての LUN で ALUA が一貫していると想定されているためです。

従来、管理者は I/O に最適なパスを手動で識別して選択する必要がありましたALUA がサポートされていない環境では、 AIX の dotpaths などのユーティリティを使用してパスの優先順位を設定します。ALUA を使用すると、ホストコンピュータの管理者はパス管理に手動で介入する必要がなくなります。これは、パス管理が自動的に処理されるためです。ホスト上で MPIO を実行する必要はありますが、ホスト固有のプラグインを追加する必要はありません。

最適なパスを一貫して自動的に利用することで、 I/O を最大限に活用できます。

制限事項

  • ALUA は、 Data ONTAP 7-Mode システムの FCP イニシエータグループでのみ有効にできます。
  • ALUA は、 FCP イニシエータグループの非クラスタストレージシステムでは使用できません。
  • ALUA は、 Data ONTAP 7-Mode システムの iSCSI イニシエータグループではサポートされません。

ALUA 以外の LUN で ALUA を有効にする方法

  1. ホスト OS 、マルチパスソフトウェア、ストレージコントローラソフトウェアが ALUA をサポートしていることを確認します。  「はい」の場合は、次に進みます。たとえば、 VMware ESX では、 vSphere 4.0 まで ALUA はサポートされません。サポート性については、ホスト OS ベンダーに確認してください。
  2. パスを自動的に管理している可能性のあるスクリプトがホストシステムにないかどうかを確認し、無効にします。
  3. SnapDrive を使用している場合は、設定ファイルで ALUA セットを無効にする設定がないことを確認します。 

ALUA は、 NetApp コントローラ上の NetApp LUN にマッピングされた igroup で有効または無効になります。Data ONTAP のデフォルトの ALUA 設定は、バージョンおよび igroup タイプごとに異なります。igroup show -v <igroup name>コマンドの出力を確認して、設定を確認します。

igroup で ALUA を有効にすると、 ALUA が有効になります。

Windows 、 Solaris 、 AIX などの特定のホストでは、 ALUA を有効にするためにシステムがディスクを再検出する必要があります。変更が行われたら、システムをリブートすることを推奨します。

次の表に、 Data ONTAP で使用するためにネットアップによってテストされたオペレーティングシステムと MPIO ソフトウェアの最小バージョンを示します。

オペレーティング システム バージョン MPIOソフトウェア Data ONTAP
Windows 2003 Data ONTAP DSM 3.4

7.3

2008 、 2008 R2 Microsoft DSM
Data ONTAP DSM 3.4

Linux

RHEL 5.1 以降、 SLES 10 SP2 、 SLES 11 以降

デバイスマッパー( DM-MP )

Veritas Storage Foundation 5.1 以降

7.2.4.1

VMware ESX

4.0+

ネイティブ MPIO

7.3.1

AIX

5.3 TL9 SP4 、 APAR IZ53157
、 5.3 TL1 SP1 、 APAR IZ53158
、 6.1 、 TL2 SP4 、 APAR IZ53159
、 TL1 SP1 、 APAR IZ53160

IBM AIX MPIO

Veritas Storage Foundation 5.1 以降

7.3

HP-UX

11iv3 アップデート 1 ( 2007 年 9 月)

ネイティブマルチパス

Veritas Storage Foundation 5.0.1

7.2.5.1

Solaris

10 アップデート 3+

Solaris MPxIO

Veritas Storage Foundation 5.1 以降

7.2.1

 

追加情報

オペレーティングシステムおよび MPIO ソフトウェアの以降のリリースを含む、テスト済みの構成の詳細な一覧については、次のリンクを参照してください。