メインコンテンツまでスキップ

AutoSupport マニフェストで、ファイルの収集が切り捨てられた、またはとして報告されています clustered Data ONTAP 8 ではスキップしました

Views:
37
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

  •  clustered Data ONTAP 8.3  
  •  clustered Data ONTAP 8.2    
  •  clustered Data ONTAP 8.1
  • AutoSupport 

問題

特定の状況では、収集および配信時に AutoSupport データが切り捨てられる可能性があります。AutoSupport コレクションの特定のコンテンツが欠落していることがわかった場合、切り捨てが発生すると、プロアクティブなサポート機能やリアクティブなサポート機能の妨げになる可能性があります。これは、コンテンツが大きすぎて、予算の制約の大きさに収まりきらないことが原因である可能性があります。
  • AutoSupport データが切り捨てられているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

::> manifest show -node * -status *-limit

  • 以前の AutoSupport シーケンスを確認するには、次のコマンドを実行します。

::> system autosupport manifest show -seq-num 14 -fields prio-num,body-file,subsys,status,error,size-collected -subsys mhost -node local
node   seq-num prio-num subsys body-file   size-collected status              error
------- ------- -------- ------ ------------ -------------- ------------------------------- -----
node-01 14    39     mhost  rdb_dump.txt 1KB       collection-truncated-size-limit ""
node-01 14    40     mhost  cluster_ha.xml
                       730B       collection-truncated-size-limit ""

  • AutoSupport メッセージのマニフェスト情報には、次のいずれかのエラー収集コードが含まれます。

collection-truncated-size-limit
collection-skipped-size-limit
collection-truncated-time-limit
collection-skipped-time-limit
delivery-skipped-size-limit



予測動作

  • 一部のファイル(ログファイルなど)には、 AutoSupport の収集について個別にサイズが制限されます。
  • ファイル固有の制限のためにファイルの収集が途中で切り捨てられた場合、マニフェストにはcollection-truncated-file-size-limitというステータスが記録されます。
  • この切り捨ては想定される動作なので、無視してかまいません。特定のファイルの予算はハードコードされており、設定はできません。


 


 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support