メインコンテンツまでスキップ

バースト書き込みワークロードはパフォーマンスに影響する可能性があります

Views:
30
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.x
  • ONTAP 8.x

問題

WAFL ( ONTAP ファイルシステム)は、着信データフローが安定している場合にデータを適切に処理します。ただし、バースト書き込みワークロードによって処理レイヤに負荷が集中し、 B/b (バックツーバック) CP や高書き込みレイテンシが発生する可能性があります。 

  • バースト性の高いワークロードを特定する方法
    • バーストワークロードは sysstat -x 、ノードシェルからのコマンドを使用して確認できます。ノードシェルでは、 1 秒間隔で出力が提供されます。
    • 1 秒間の反復間で着信データが大幅に変動する場合は、バーストワークロードが存在することを示します。
    • Net InNFS 、 CIFS の場合は列をチェックしてください。
    • Net IniSCSI IniSCSI の場合は列または列をチェックしてください。
    • FCP InFCP の場合は列をチェックしてください。
    • 書き込みワークロードのバースト時に、はるかに高い CPU 利用率も確認できます。

例:

 

  • バースト書き込みワークロードが原因の高レイテンシを特定するにはどうすればよいですか。

Dataqos statistics workload latency show またはの列で、レイテンシが高くなってい qos statistics volume latency show outputsます。

例:

 cluster01::> qos statistics workload latency show -iterations 1 -rows 3 Workload ID Latency Network Cluster Data Disk QoS Max QoS Min NVRAM Cloud --------------- ------ ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- vol1 21879 287.63ms 118us 0ms 286.00ms 589.00us 0ms 0ms 1.00us 0ms 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support