メインコンテンツまでスキップ

CBT :必要なセカンダリクラスタの詳細をプライマリプロジェクトに追加する方法

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
7-mode-transition-tool
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

7-Mode Transition Tool

説明

この資料では、必要なセカンダリクラスタの詳細をプライマリプロジェクトに追加する手順について説明します。

次の手順では、プライマリボリュームとセカンダリ 7-Mode ボリュームの移行に関連するプロセスと、移行中に SnapMirror 関係を保持する方法について説明します。

  1. セカンダリの 7 モードボリュームをすべて使用して、セカンダリプロジェクトを作成します。 
  2. プライマリプロジェクトをすべてのプライマリ 7-Mode ボリュームで構成します。
  3. プライマリ 7-Mode の詳細をセカンダリプロジェクトに追加し、セカンダリクラスタ SVM の詳細をプライマリプロジェクトに追加します。
  4. ベースラインを開始し、最初にセカンダリプロジェクトを完了(カットオーバー)します。セカンダリプロジェクトの完全な処理中、 7-Mode Transition Tool は、 7-Mode のプライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリューム間の SnapMirror 関係を作成します。
  5. ベースラインを開始し、プライマリプロジェクトを完了します。プライマリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理は、セカンダリプロジェクトの完了(カットオーバー)後にのみ実行されます。プライマリプロジェクトの完了時に、 7-Mode Transition Tool では、 7-Mode プライマリボリュームとセカンダリクラスタ SVM ボリュームの間の SnapMirror 関係が削除され、プライマリクラスタの SVM ボリュームとセカンダリクラスタの SVM ボリュームの間に SnapMirror 関係が作成されます。

7-Mode Transition Tool を使用してプライマリ 7-Mode ボリュームを移行する際に、セカンダリクラスタの SVM 情報をプライマリプロジェクトに指定します。セカンダリクラスタ SVM は、移行したセカンダリ 7-Mode ボリューム(つまり、 セカンダリプロジェクトにターゲット SVM として追加された SVM 。プライマリプロジェクトで、プライマリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中にプライマリ SVM ボリュームとセカンダリ SVM ボリュームの間に Volume SnapMirror 関係を作成するには、これらの詳細が必要です。

プライマリプロジェクトにセカンダリクラスタの SVM の詳細を追加しないと、プライマリプロジェクトの完了(カットオーバー)処理中に、プライマリクラスタの SVM ボリュームとセカンダリクラスタの SVM ボリューム間に必要な Volume SnapMirorr 関係を作成できません。必要なセカンダリクラスタ SVM の詳細がすべてプライマリプロジェクトに追加されていない場合、事前確認処理の実行時に警告メッセージが表示されます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device