メインコンテンツまでスキップ

コマンド「 snapshot compute-reclaimable 」を実行すると、「 Cannot determine the status of Snapshot copy reclaimable operation on volume 」というエラーが表示されます。

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9
Commands for displaying space usage information:

表示する情報

使用するコマンド

特定のSnapshotコピーを削除した場合に再利用可能になるディスク スペースの量

ボリュームスナップショットコンピューティング - 再利用可能(詳細)

 

問題

コマンド"volume snapshot compute-reclaimable"は、指定した Snapshot コピーが 1 つ以上削除された場合に再利用できるボリューム・スペースを計算します。

注意:このコマンドはシステムの計算リソースを大量に使用するため、クライアント要求やその他のシステムプロセスのパフォーマンスを低下させることができます。したがって、クエリー演算子( * 、 | など)を使用するクエリーは、このコマンドではディセーブルになります。1つのクエリで指定できるSnapshotコピーは3個までです。Snapshotコピーはカンマ区切りのリストで指定する必要があります。カンマのあとにスペースは入れないでください。

このようなパフォーマンス要件が高いため、コマンド ""volume snapshot computer-reclaimable がタイムアウトになり、エラーが発生する可能性があります。 "Cannot determine the status of Snapshot copy reclaimable operation on volume".

コマンドを実行すると"snapshot compute-reclaimable"、次のエラーが表示されます。

Cluster::> snapshot compute-reclaimable -vserver <vServer_name> -volume <volume_name> -snapshots <snapshot_name>
Error: command failed: Cannot determine the status of Snapshot copy reclaimable operation on volume "volume_name" on Vserver "vServer_name".
If necessary, try the operation again.

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support