メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ストレージのボトルネックが原因で Microsoft Exchange Server の処理速度が低下する可能性はありますか。

Views:
9
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

Microsoft Exchange Server 2003

回答

通常、パフォーマンスの問題がストレージに関連しているかどうかを判断するには、 Exchange ホストがマウントされている LUN (論理ユニット番号)からのレイテンシを認識しているかどうかを判断する必要があります。Exchange ホストからPerfmon、 Windows に含まれているツールを使用します。Perfmonこれらの仮想ディスクのレイテンシが表示されていない場合、パフォーマンスの問題は通常、 Filer ではなくホストで発生します。Exchange ホストで perfmon セッションを開始し、次のカウンタを追加してください。

 
  • PhysicalDisk\Average Disk sec/Read
  • PhysicalDisk\Average Disk sec/Write
  • 物理ディスク \\ 平均ディスクキュー長
 

Microsoft では、これらのディスクがカウンタの値として機能する機能について、次のガイドラインを定義しています。

 

Database
physicalDisk \\Average Disk sec/Read :これらの値は平均 20 ミリ秒未満で、スパイクは 50 ミリ秒
未満である必要があります。 \Average Disk sec/Write :これらの値は平均 20 ミリ秒未満で、スパイク
は 50 ミリ秒未満である必要があります。 \Average Disk Queue Length :注意してください この値

 

トランザクションログ
PHYSICALDDISK \Average Disk sec/Read :これらの値は平均 5 ミリ秒未満で、スパイクは 50 ミリ秒
未満である必要があります。 \Average Disk sec/Write :これらの値は平均 10 ミリ秒未満で、スパイク
は 50 ミリ秒未満である必要があります この値に注意してください

 

SMTP キュー
PHYSICALDDISK \Average Disk sec/Read :これらの値は平均 10 ミリ秒未満で、スパイクは 50 ミリ秒
未満である必要があります。 \Average Disk sec/Write :これらの値は平均 10 ミリ秒未満で、スパイク
は 50 ミリ秒未満である必要があります この値に注意してください

 

Page File Disk
PHYSICALDDISK \ \Average Disk sec/read - これらの値は平均 10 ミリ秒未満で、スパイクは 50 ミリ秒
未満である必要があります。 \Average Disk sec/write - これらの値は平均 10 ミリ秒未満で、スパイク
は 50 ミリ秒未満である必要があります。 この値に注意してください

 

メモ
:ページファイルディスクが現在ローカルストレージにない場合は、そのディスクをローカルストレージに配置する必要があります。[1]SAN ブートホストの詳細については、テクニカルレポート『 SAN Booting with Windows Server Operating Systems 』を参照してください。

 

次のカウンタは、ストレージ固有ではありませんが、ホストが Microsoft Exchange 要求を処理する方法に関する情報を提供します。また、ホスト側の問題を特定するのにも役立ちます。

 
  • メモリ:128GB 2400MHzの物理メモリ
  • メモリ \\ ページ / 秒
  • プロセッサ \\% プロセッサ時間( _Total )
  • システム \\ プロセッサキューの長さ
  • ネットワークインターフェイスの合計バイト数 / 秒
  • ネットワークインターフェイス \\ パケット発信エラー
  • SMTP サーバ \\ カテゴリ化キューの長さ
  • MSExchangeDSAccess プロセス \\LDAP 読み取り時間(すべてのプロセス)
  • MSExchangeDSAccess プロセス \\LDAP 検索時間(すべてのプロセス)
 

Filer からsysstatコマンドを発行して、実行中の処理をリアルタイムで確認します。 sysstat の出力を perfmon の出力と組み合わせて使用すると、ホスト側だけに問題があるかどうかをすばやく確認できます。また、 Filer がボトルネックの兆候を示しているかどうかを確認するためにも使用できます。ストレージエリアネットワーク( SAN )環境で-fは、( FCP )-iまたは( iSCSI )オプションスキャンを使用して、追加の出力を取得します。

 

Perfmon出力に過度のレイテンシが表示され、 sysstat の出力でディスクの使用率が低下している場合は、バックエンドストレージのボトルネックがなく、 Microsoft の支援を受けてホスト側の設定に関する追加のトラブルシューティングが必要になることがあります。

 

Perfmon出力に過度のレイテンシが表示され、 sysstat の出力にもディスクとプロトコルの使用率が高いことが反映されている場合は、ストレージのボトルネックが発生している可能性があります。このような場合は、ネットアップのサポートにお問い合わせください。

 

関連リンク
:「 Exchange Server 2003 Performance
Sysstat Manpage
3012662 : Exchange 2000 または 2003 パフォーマンスの問題を診断するためのデータ収集
」 3013882 :「 Top 10 SnapManager for Microsoft Exchange Server の問題と解決方法

追加情報

AdditionalInformation_Text