メインコンテンツまでスキップ

SMB クローズ要求が長時間実行されると、大規模なディレクトリの削除に時間がかかります

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

のしんだ

に適用されます

ONTAP 9

SMB

問題

長いディレクトリを削除するのに時間がかかり、実行時間の長い SMB クローズ要求( wafl_spinnp_close )がパフォーマンス低下の主な原因であり、 WAFL CPU スケジューリングの CPU 実行時間が非常に長いことが原因です。これは、さまざまな場所で確認できます。 

  • パケットトレース内の SMB クローズ要求に対する高いサービス応答時間
  • オブジェクトのクローズ操作のレイテンシが高い spinhi
    • spinhi:<volume_name>:spinhi_fileop_latency.Close:41740.05u
  • オブジェクトsmbまたはでのクローズ操作のレイテンシが高い smb2
    • smb2:<svm_name>:close_latency:39380.24us
  • Per-Msg Wait Avgwaffinity_stats の CPU 待機時間が長い()と、 CPU 実行時間が非常に高い(Per_msg Wait Avg

Class Queue   Msg Type                            #Msgs (new+restarts)    Per-Msg CPU Avg             Per-Msg Wait Avg

SERIAL hipri   WAFL_SPINNP_CLOSE          62419          1343                        44103

:平均 CPU 実行時間は 1343 US ですが、この例では平均 CPU 待機時間は 44103 US です

  • ディレクトリブロックは、先読みエンジンによって読み取られるすべてのブロックの大部分を占めます

ra.requested                           =  230178001

 ra.dir_blocks = 223951083

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support