メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

ONTAP はCIFS / SMB NDOをサポートしていますか。

Views:
144
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
single-mailbox-recovery-smbr
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ノンストップオペレーションとは、clustered Data ONTAP の基本機能であるNDOです
  • CIFS /サーバメッセージブロック(SMB)はステートフルプロトコルであるため、一部のノンストップオペレーションにおいても継続的なデータ可用性は維持されません
  • SMBおよびclustered Data ONTAP の新しいバージョンの導入に合わせて、いくつかの機能強化が実装されています
    • SMB1.0は、永続的なファイルハンドルや永続的なファイルハンドルがないと、プロトコル固有の制限があるためにネットワークの停止を回避できませんでした
    • SMB2.0には、永続性ハンドルというファイルハンドルが導入されています。このハンドルは、ネットワークの短時間の停止時にクライアントが再接続できるように、開いているファイルハンドルです
    • clustered Data ONTAP 8.2では、継続的可用性(CA)を備えたMicrosoft HyperV環境でSMB 3.0のNDOが導入され、NDOのサポートが強化されています。これにより、継続的なデータ可用性が向上します

次の表は、CIFS/SMB NDOの概要を示しています。

                       NDO                        SMB 1.0               SMB 2.xとSMB 3.0         SMB 3.0(Hyper-Vのみ)
               LIFの移行                      停止を伴う手順                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
              ボリューム移動                     nondisruptive(無停止)                   nondisruptive(無停止)              nondisruptive(無停止)
             アグリゲートの再配置                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)
            ストレージ フェイルオーバー                     停止を伴う手順                   停止を伴う手順              nondisruptive(無停止)
  • 注: SMB 2.xファイル共有に接続されたアプリケーションで、アプリケーションが同じファイルへのマルチユーザアクセスを許可している場合、またはLIFの移行の実行から15分以内に開いているファイルハンドルを取得していないアプリケーションが複数の場合は、システムが停止する可能性があります
  • つまり、SMB 2.0以降では永続性ハンドルが有効になっていても、永続性ハンドルが正常に付与されないことがあるため、継続的なデータ可用性を維持できない可能性があります
    • 詳細については 、TR-4100を参照してください。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device