メインコンテンツまでスキップ

FAQ:ディスク交換後に外部ディスクから内部ディスクに自動的にディスクをコピーする方法

Views:
338
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • 内蔵ストレージを搭載したシステム:
    • AFF-A200
    • AFF-A220
    • AFF-A320です
    • FAS25xx
    • FAS26xx
    • FAS27xx

回答

一部のプラットフォームには、内蔵ディスクと外付けディスクの両方があります。内蔵ディスクで障害が発生した場合、内蔵シェルフに使用可能なスペアディスクがないと、ONTAP は外部(パーティショニングされていない)ディスクを再構築用に作成します。障害が発生したディスクの交換後など、内部ディスクがスペアとして使用可能になった時点で、ONTAP は外部ディスクのコンテンツを自動的に内部スペアディスクにコピーします。外付けディスクのすべてのパーティションがスペアの場合、ディスクは自動的にパーティショニングされていません。

例:

内蔵ディスク0a.00.11に障害が発生し、外部スペアディスク0b.01.1が交換されました。障害が発生した0a.00.11が物理的に新しいディスクに交換されると、ONTAP は外部ディスク0b.01.1から新しい内蔵ディスク0a.00.11にデータをコピーし始めます。sysconfig -rの出力を参照してください。

Aggregate aggr0 (online, raid_dp) (block checksums)

Plex /aggr0/plex0 (online, normal, active, pool0)
  RAID group /aggr0/plex0/rg0 (normal, block checksums)
  RAID Disk Device      HA  SHELF BAY CHAN Pool Type  RPM  Used (MB/blks)   Phys (MB/blks)
  --------- ------      ------------- ---- ---- ---- ----- --------------   --------------
   dparity 0a.00.1P2     0a   0   1   SA:A   0   SAS 10000 55176/113000448   55184/113016832
   ...
   data   0b.01.1P2     0b   1   1   SA:B   0   SAS 10000 55176/113000448   55184/113016832(replacing,copy in progress)
   -> copy   0a.00.11P2    0a   0   11  SA:A   0   SAS 15000 55176/113000448   55184/113016832 (copy 3% completed)
   ...
   data   0a.00.19P2    0a   0   19  SA:A   0   SAS 10000 55176/113000448   55184/113016832

これは想定される動作であり、内部ストレージにスペアがある場合、ストレージプールのパーティションが外部ストレージから内部ストレージに自動的にコピーされます。デフォルトの動作を変更して外部ストレージから内部ストレージへの自動コピーを防止するには、次のコマンドを実行します。 

::>options raid.lm.disk.copyback.enable

::>options raid.lm.disk.copyback.enable off

追加情報

外付けシェルフと内蔵シェルフの両方を使用して新しいアグリゲートを作成した場合、内蔵シェルフにスペアディスクがあるときは、上記の手順でコピーバックする必要があります。

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?