メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

FabricPool は、大容量階層からへのデータ移行を報告します パフォーマンス階層が停止されました

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

FabricPool

回答

FabricPool 構成では、階層化ポリシーが snapshot-only および auto のボリュームでアクセスされた場合、階層化されたコールドデータはクラウド / 大容量階層からパフォーマンス階層に移動されます。  「 all 」階層化ポリシーが設定されたボリュームの場合、すべてのデータがクラウド階層または大容量階層から直接提供されます。 

ただし、使用されているパフォーマンス階層が 70% 以上の場合、クラウド階層からのデータは階層化ポリシーへのアクセス時にパフォーマンス階層に移動されず、次の EMS がトリガーされます:

Aggregate aggr2_ssd: Current available space in the performance tier is below 30%%. Data migration from the capacity tier to the performance tier is stopped.

 

その結果、すべてのデータが容量階層またはクラウド階層から直接提供され、 I/O アクセスでレイテンシが発生する可能性があります。アグリゲートの使用可能なスペースを増やして、アクセス時に大容量階層から高パフォーマンス階層にデータを移動できるようにします。

追加情報

 

 

Scan to view the article on your device