メインコンテンツまでスキップ

FabricPool は、大容量階層からへのデータ移行を報告します パフォーマンス階層が停止されました

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

FabricPool

回答

FabricPool 構成では、階層化ポリシーが snapshot-only および auto のボリュームでアクセスされた場合、階層化されたコールドデータはクラウド / 大容量階層からパフォーマンス階層に移動されます。  「 all 」階層化ポリシーが設定されたボリュームの場合、すべてのデータがクラウド階層または大容量階層から直接提供されます。 

ただし、使用されているパフォーマンス階層が 70% 以上の場合、クラウド階層からのデータは階層化ポリシーへのアクセス時にパフォーマンス階層に移動されず、次の EMS がトリガーされます:

Aggregate aggr2_ssd: Current available space in the performance tier is below 30%%. Data migration from the capacity tier to the performance tier is stopped.

 

その結果、すべてのデータが容量階層またはクラウド階層から直接提供され、 I/O アクセスでレイテンシが発生する可能性があります。アグリゲートの使用可能なスペースを増やして、アクセス時に大容量階層から高パフォーマンス階層にデータを移動できるようにします。

追加情報