メインコンテンツまでスキップ

グループクォータは、 Linux システムから ONTAP Server 上の NFS では取得できません

Views:
15
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

問題

rquota (リモートクォータ)プロトコルのバージョン 2 は、もともと Sun が設計した rquota バージョン 1 プロトコルの拡張として、 Linux に実装されました  クォータプロトコルのバージョン 2 の機能の 1 つに、ツリークォータに加えてリモート NFS デバイスでグループクォータを要求する機能があります。  ONTAP サーバでは、 rquota のバージョン 1 のみが実装され、バージョン 2 は実装されません。  つまり、 ONTAP サーバ上のリモート NFS デバイスに対して「 quota -g 」コマンドが Linux システムで発行されている場合、 NFS プロトコルを使用してグループまたはツリークォータをリモートでチェックできません。 その場合、出力やエラーメッセージは返されません。

Linux クライアントでのグループクォータの取得(失敗)の例
[root@Pim-rhel70 ~]# quota -g -f /mnt/svm1_vol1
クォータ: svm1 からクォータを取得中にエラーが発生しました。 root ( ID 0 ): Connection refused quota : svm1 からクォータを取得中にエラーが発生しました: /svm1 for root ( ID 0 ): Connection
[root@Pim-rhel70 ~]#
[root@Pim-rhel70 ~]# quota --group -f /mnt/svm1_vol1

refused

Linux クライアントでのユーザクォータの取得(正常に完了)の例。
[root@Pim-rhel70 ~]# quota -f /mnt/svm1_vol1
ユーザ root ( uid 0 )のディスククォータ
:ファイルシステムがクォータ制限猶予ファイルクォータ制限猶予
svm1 : / svm1_vol1 0 179869180 179869180 1 4294967295
[root@Pim-rhel70 ~]# quota --user -f /mnt/svm1_vol1
ディスククォータユーザ root ( uid 0 )
:ファイルシステムによってクォータ制限猶予ファイルクォータ制限猶予
svm1 : / svm1_vol1 0 179869180 179869180 1 4294967295

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support