メインコンテンツまでスキップ

グループクォータは、 Linux システムから ONTAP Server 上の NFS では取得できません

Views:
124
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
nas
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

問題

rquota (リモートクォータ)プロトコルのバージョン 2 は、もともと Sun が設計した rquota バージョン 1 プロトコルの拡張として、 Linux に実装されました  クォータプロトコルのバージョン 2 の機能の 1 つに、ツリークォータに加えてリモート NFS デバイスでグループクォータを要求する機能があります。  ONTAP サーバでは、 rquota のバージョン 1 のみが実装され、バージョン 2 は実装されません。  つまり、 ONTAP サーバ上のリモート NFS デバイスに対して「 quota -g 」コマンドが Linux システムで発行されている場合、 NFS プロトコルを使用してグループまたはツリークォータをリモートでチェックできません。 その場合、出力やエラーメッセージは返されません。

Linux クライアントでのグループクォータの取得(失敗)の例
[root@Pim-rhel70 ~]# quota -g -f /mnt/svm1_vol1
クォータ: svm1 からクォータを取得中にエラーが発生しました。 root ( ID 0 ): Connection refused quota : svm1 からクォータを取得中にエラーが発生しました: /svm1 for root ( ID 0 ): Connection
[root@Pim-rhel70 ~]#
[root@Pim-rhel70 ~]# quota --group -f /mnt/svm1_vol1

refused

Linux クライアントでのユーザクォータの取得(正常に完了)の例。
[root@Pim-rhel70 ~]# quota -f /mnt/svm1_vol1
ユーザ root ( uid 0 )のディスククォータ
:ファイルシステムがクォータ制限猶予ファイルクォータ制限猶予
svm1 : / svm1_vol1 0 179869180 179869180 1 4294967295
[root@Pim-rhel70 ~]# quota --user -f /mnt/svm1_vol1
ディスククォータユーザ root ( uid 0 )
:ファイルシステムによってクォータ制限猶予ファイルクォータ制限猶予
svm1 : / svm1_vol1 0 179869180 179869180 1 4294967295

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?