メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

ホストのトラブルシューティングのワークフロー

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • Windows
  • Solaris
  • VMware
  • AIX
  • HP-UX
  • Linux

説明

このワークフローでは、ホスト接続に関するさまざまな問題のトラブルシューティングを行うことができます。Solaris 、 AIX 、 HP-UX 、 Linux 、 VMware など、さまざまなサードパーティ製ソフトウェアの接続やブートに関する問題など、さまざまな問題のトラブルシューティングを行うことができます。
サインインして、ワークフロー内のお客様専用コンテンツを表示します。
 

Additional Information

Knowledge Base でその他のインタラクティブワークフローを表示するには、「インタラクティブワークフロー」ページにアクセスします