メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

新しいボリュームが追加された場合、 LS ミラーは NAS アクセスにどのような影響を与えますか。

Views:
16
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

clustered Data ONTAP 8.2

回答

新しく作成されたボリュームには、 NFS クライアントと CIFS クライアントの両方からアクセスできませんが、次回のスケジュールされた LS ミラーの完了後にアクセスできるのはなぜですか。

: LS ミラー情報は、『 SVM Root Volume Protection Express Guide 』に記載されています。

LS ミラーがダウンしている可能性があるもう 1 つの領域は、エクスプローラを使用して共有のプロパティを確認するときに新しい共有を作成した後に、 [ セキュリティ ] タブが表示されないことです。

Cluster::> vol show -vserver vs_cifs -volume cifs1 -fields junction-path

  (volume show)

vserver volume junction-path

------- ------ -------------

vs_cifs cifs1  /cifs1

次のエラー メッセージが表示されます。

Windows cannot access <share>. Check the spelling of the name. Otherwise, there might be a problem with your network. To try and identify and resolve network problems, click Diagnose.

1001193_1.png

 

NFS の場合、新しく作成したエクスポートは表示されません。

Cluster::> vol show -vserver vs_nfs -volume nfs1 -fields junction-path 

  (volume show)

vserver volume junction-path

------- ------ -------------

vs_nfs  nfs1   /nfs1

-bash-3.00# mount -F nfs -o vers=3 10.128.141.122:/nfs1 /mnt/nfs1

nfs mount: 10.128.141.122:/nfs1: No such file or directory

-bash-3.00# mount -F nfs -o vers=3 10.128.141.122:/ /mnt/vs_root

-bash-3.00# cd /mnt/vs_root

-bash-3.00# ls

automount  test.txt   vol_nfs     

: NFS1 はここには記載されていません。

いずれの場合も、ルートマウントポイント( / )は LS ミラーリングされます。

cm2244a-cn::vserver nfs> snapmirror show

Source              Destination  Mirror        Relationship  Total

Path          Type  Path         State         Status        Progress   Healthy

------------- ---- ------------ ------------- -------------- ---------- -------

cm2244a-cn://vs_cifs/vs2_root <~~~Source Path

              LS <~Type  cm2244a-cn://vs_cifs/vs2_root_ls <~~ Destination Path

                                Snapmirrored  Idle           -          true

cm2244a-cn://vs_nfs/vs_nfs_root

              LS   cm2244a-cn://vs_nfs/vs_nfs_root_ls

                                Snapmirrored  Idle           -          true

手動で LS ミラーを更新した後、または次にスケジュールされた LS ミラーを更新した後は、 NFS と CIFS の両方のアクセスが正常に動作します。

NAS を使用してボリュームにアクセスすると、クライアントはファイルハンドルを利用します。clustered Data ONTAP のファイルハンドルは、マスターセット ID ( MSID )です。すべてのボリュームに一意の MSID があり、 LS ミラーボリュームは同じ MSID を共有します。

Cluster::vserver nfs> vol show -vserver vs_nfs -fields msid                    

(volume show)

vserver volume    msid      

------- --------- ----------

vs_nfs  automount 2147484731

vs_nfs  nfs1      2147484763

vs_nfs  nfs2      2147484764

vs_nfs  nfs3      2147484765

vs_nfs  nfs4      2147484766

vs_nfs  vol_nfs   2147484685

vs_nfs  vs_nfs_root 2147484684

vs_nfs  vs_nfs_root_ls 2147484684

LS ミラーセットの一部であるボリュームにファイルがアクセスすると、 MSID が使用されます。要求はクラスタに送信され、 VLDB はその MSID を確認します。ただし、同一の MSID を持つ複数のボリュームがあるため、 MSID は VLDB コールによって Data Set ID ( DSID )に解決されます。 DSID は、 LS ミラーに関係なく、クラスタ内の各ボリュームに固有です。

cm2244a-cn::vserver nfs> vol show -vserver vs_nfs -fields dsid

  (volume show)

vserver volume    dsid

------- --------- ----

vs_nfs  automount 1082

vs_nfs  nfs1      1111

vs_nfs  nfs2      1112

vs_nfs  nfs3      1113

vs_nfs  nfs4      1114

vs_nfs  vol_nfs   1037

vs_nfs  vs_nfs_root 1036

vs_nfs  vs_nfs_root_ls 1108

注:すべてのボリュームはとしてマウント/volnameされます。したがって、データアクセスの結果は次のようになります。
Data Requests -->/ --> volname

クラスタでは、ボリュームはフォルダです。ボリュームを作成して / にマウントすると、クラスタとクライアントのフォルダとして表示されます。

読み取り要求または書き込み要求は、ノードの N ブレードへのパスを介して行われ、 N ブレードはまず、アクセスする必要があるボリュームの LS ミラーがあるかどうかを判断します。そのボリュームに LS ミラーがない場合、読み取り要求は R/W ボリュームにルーティングされます。ボリュームの LS ミラーがある場合は、要求を処理した N ブレードと同じノードの LS ミラーが優先されます。そのノードに LS ミラーがない場合は、別のノードから最新の LS ミラーが選択されます。このため、新しく作成されたボリュームは非表示になります。これは、 LS ミラーが更新される前に、すべての要求が LS ミラーデスティネーションボリューム(読み取り専用)に送信されるためです。

例:

-bash-3.00# mount -F nfs -o vers=3 10.128.141.122:/ /mnt/vs_root

-bash-3.00# cd /mnt/vs_root

-bash-3.00# ls

automount  test.txt   vol_nfs     

LS ミラーの更新後:

Cluster::> snapmirror update-ls-set -S //vs_nfs/vs_nfs_root
8.3 command
Cluster::> snapmirror update-ls-set -source-path cm2244a-cn://vs_cifs/vs2_root

次のように表示され、アクセス可能になりました。

-bash-3.00# ls

automount nfs1 test.txt vol_nfs

または、 .admin からアクセスしようとすると、 VLDB は書き込みアクセスを許可するためにソースボリュームの DSID に要求を送信します。

NFS の.admin場合は、パスを指定します

-bash-3.00# mount -F nfs -o vers=3 10.128.141.122:/.admin /mnt/vs_root

-bash-3.00# cd /mnt/vs_root

-bash-3.00# ls

automount nfs1 test.txt   vol_nfs

CIFS では、共有へのアクセス方法ではなく、共有へのアクセス方法が異なります。.adminパスに共有が作成されている場合、その共有を使用すると、クライアントは常に R/W アクセス権を持ちます

Cluster::vserver nfs> vserver cifs share create -vserver vs_cifs -share-name vs2_root_rw -path /.admin

別の新しいボリューム「 CIFS4 」が作成され、 LS ミラーを手動で更新せずに CIFS 共有が作成された場合は、次の手順を実行します。

cm2244a-cn::vserver nfs> vol show -vserver vs_cifs -fields junction-path

  (volume show)

vserver volume junction-path

vs_cifs cifs4  /cifs4

まだアクセスできません。

1001193_2.png

.adminただし、パスからアクセスできます。

1001193_3.png

この問題による混乱を避けるために、ボリュームの作成後に LS ミラーを更新するようにユーザに通知する警告が表示されます。

例:

Cluster::> vol create -vserver vs_nfs -volume nfs2 -aggregate aggr0 -state online -junction-path /nfs2

  (volume create)

Warning: You are about to create a volume on a root aggregate.  This may cause severe performance or stability problems

         and therefore is not recommended. Do you want to proceed? {y|n}: y

[Job 3074] Job succeeded: Successful                                                                                    

Notice: Volume nfs2 now has a mount point from volume vs_nfs_root.  The load sharing (LS) mirrors of volume vs_nfs_root

        are scheduled to be updated at 9/28/2013 07:05:00.  Volume nfs2 will not be visible in the global namespace until

        the LS mirrors of volume vs_nfs_root have been updated.

メモ:この警告は、 System Manager の古いバージョンから新しいボリュームを作成した場合は表示されません

追加情報

N/A