メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

Data ONTAP リリースでは、 create_ucode オプションと convert_ucode オプションを使用して Unicode 変換を制御するにはどうすればよいですか。

Views:
77
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.3
  • clustered Data ONTAP 8.2      
  • clustered Data ONTAP 8  
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode   
  • Data ONTAP 8 7-Mode       
  • Data ONTAP 7 以前    

回答

Data ONTAP リリースでは、 create_ucode オプションと convert_ucode オプションを使用して Unicode 変換を制御するにはどうすればよいですか。

Data ONTAP 7-Mode

: Data ONTAP 7-Mode では、convert_ucodecreate_ucode NFSv3 にのみ有効なオプションとがあります。
create_unicodeが on に設定されている場合、 NFSv3 は Unicode 形式でディレクトリを作成します。そうでない場合は、 Unicode 以外の形式でディレクトリを作成します。
convert_ucodeがオンの場合、 NFSv3 が非 Unicode ディレクトリにアクセスしようとすると、データを提供する前に変換が行われます。
convert_ucodeが off に設定されている場合、 NFSv3 が非 Unicode ディレクトリにアクセスしても変換は行われません。
NFSv4/CIFS は、これらのオプションの値に関係なく、常に Unicode ディレクトリを作成し、 Unicode 以外のディレクトリを Unicode に変換します。

clustered Data ONTAP :


clustered Data ONTAP では、 create_ucode: オプションがcreate_ucode常に on に設定され、すべてのプロトコルが Unicode 形式の( NFSv3 を含む)ディレクトリを作成します。
このオプションは、 clustered Data ONTAP では変更できません。このオプションは、移行 7-Mode ボリュームの場合でも常に on に設定されます( 7-Mode では off に設定されています)。
ネイティブに作成された clustered Data ONTAP ボリュームでは、このオプションは常に on に設定されます。


clustered Data ONTAP でネイティブに作成さconvert_ucodeれたボリュームでは、 convert_ucode オプションが on に設定されます。
ただし、ボリュームが Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に移行された場合、 option の値は保持され、 Data ONTAP 7-Mode から clustered Data ONTAP に引き継がれます。

clustered Data ONTAP 8.2.x 以前では、これらの create_ucode ボリュームオプションと convert_ucode ボリュームオプションの動作は、 Data ONTAP 7-Mode と同じです。

clustered Data ONTAP 8.3 以降create_ucodeでは、の動作は Data ONTAP 7-Mode の動作と同じです。

ただし、この動作はオプションによって異なりconvert_ucodeます。
以前convert_ucodeのすべてのリリースでは、このオプションは NFSv4/CIFS には適用されません。 Data ONTAP 8.3 以降では、 NFSv4/CIFS にも適用されます。
convert_ucodeオン(有効)の場合、すべてのプロトコルは非 Unicode を Unicode に変換します(ディレクトリのサイズには関係ありません)。
convert_ucodeオフ(無効)の場合、 NFSv3 は変換を試行しません。ディレクトリサイズが 2 MB 未満の場合、 NFSv4/CIFS は変換されます。
Unicode 以外のディレクトリサイズが 2 MB をより大きい場合、アクセスは阻止wafl.dir.convert.denied.2bigされ、 EMS ログがトリガーされます。

次の表に、動作の概要を示します。

convert_ucode オプションのディレクトリ変換 

convert_ucode の値 アクセス方法 7-Mode CDOT 8.2 以下 cDOT 8.3 以降
オフ NFSv3 変換なし 変換なし 変換なし
オフ ZAPI 変換なし 変換なし 変換なし
オフ NFSv4/CIFS 変換 変換 変換は
、ディレクトリサイズが 2 MB 未満の場合にのみ行われます。
2 MB を超えるディレクトリ
では、変換は行わ
れず、エラーが表示されます。
オン NFSv3 変換 変換 変換
オン ZAPI 変換 変換 変換
オン NFSv4/CIFS 変換 変換 変換

 

Scan to view the article on your device