メインコンテンツまでスキップ

Data ONTAP では、アグリゲートの作成、アグリゲートの追加、およびディスク交換の失敗にどのようにスペアを選択しますか。

Views:
359
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7 以前

回答

スペアの選択時に使用されるディスク属性

新しいアグリゲートを作成するためのスペアの選択

既存のアグリゲートへのディスク追加用のスペアの選択

障害が発生したディスクを交換するためのスペアの選択

DS4486 シェルフでのスペアの選択

スペアの選択パラメータとオプション

「 -disklist 」オプションを使用したスペアの選択

 


スペアの選択時に使用されるディスク属性

Data ONTAP では、新しいアグリゲートの作成、既存のアグリゲートへのディスクの追加、アグリゲート内の障害ディスクの交換のために、スペアの選択時に次のディスク属性が使用されます。

  • ディスク タイプ
  • rpm
  • チェックサム方式
  • ディスク サイズ
  • プール
  • 初期化済みステータス
  • ストレージシステム内のディスクの位置 

ディスク タイプ

Data ONTAP は、ディスクテクノロジと接続タイプに基づいて、システム内のすべてのディスクにディスクタイプを関連付けます。Data ONTAP で使用されるディスクタイプは次のとおりです。

  1. BSAS –大容量ブリッジ SATA ディスク。追加のハードウェアを使用して SAS シェルフに接続できます
  2. SAS —対応するシェルフ内のシリアル接続 SCSI ディスク
  3. FSAS — High-Capacity ( FAT )シリアル接続 SCSI ディスク
  4. SATA — SAS シェルフ内のシリアル ATA ディスク
  5. MSATA – SATA ディスク( DS4486 マルチキャリアディスクシェルフ内
  6. SSD :ソリッド ステート ドライブ
  7. FC-AL ( Fibre Channel Arbitrated Loop )で接続されたシェルフに IDE またはシリアル ATA インターフェイスが搭載された ATA ディスク
  8. FC-AL に接続されたシェルフ内の FCAL-FC ディスク
  9. LUN :サードパーティ製ストレージによってサポートされ、 Data ONTAP によってディスクとして使用される論理ストレージデバイス

ディスクタイプの混在オプション

Data ONTAP には、同じraid.disktype.enableアグリゲート内で特定のディスクタイプを混在させることができるかどうかを決定する設定オプションがあります。このオプションをに設定するとtrue、ディスクタイプごとのディスクの分離が厳密に実行され、単一のディスクタイプのディスクのみがアグリゲートに含めることができます。オプションをに設定すると false、 Data ONTAP は次のディスクグループを形成し、グループ内のすべてのディスクをスペアの選択時に同じと見なします。

  1. グループディスクタイプ SAS :このグループには、ハイパフォーマンスのエンタープライズクラスのディスクタイプ( FCAL および SAS )が含まれます。
  2. グループディスクタイプ SATA :このグループには、大容量のニアラインディスクタイプ( BSAS 、 FSAS 、 SATA 、 ATA )が含まれます。mSATA ディスクタイプはこのグループには含まれておらず、他のディスクタイプと混在させることはできません。

 raid.disktype.enableオプションをに設定しfalseた場合'-T'、オプションを指定してディスクタイプを指定すると、同等のグループディスクタイプがスペアの選択に使用されます。 選択したスペアディスクの最終セットには、グループディスクタイプに含まれるすべてのディスクタイプのディスクが含まれる場合があります。たとえば'-T BSAS' 、 aggregate creation コマンドまたは addition コマンドで指定すると、グループディスクタイプ SATA が使用され、スペアの選択時にすべての BSAS 、 SATA 、および ATA ディスクが同等と見なされます。選択したスペアの最終セットには BSAS 、 SATA 、 ATA ディスクが混在している場合があり、これらはすべて同じアグリゲートに追加されます。したがってraid.disktype.enable、オプションをに設定しfalseた場合、目的のディスクタイプが上記の 2 つのグループのいずれかに含まれている場合、 1 つのディスクタイプのディスクだけを選択することはできません。単一のディスクタイプのディスクを選択する唯一raid.disktype.enabletrueの方法は、をに設定することです。オプションのデフォルト値falseはです。

raid.disktype.enablefalsetrueディスク・タイプが混在する既存のアグリゲートがあるシステムで、このオプションをからに変更した場合、これらのアグリゲートは、アグリゲート内にすでに存在するすべてのディスク・タイプに属する新しいディスクを受け入れ続けます。ただし、 Data ONTAP ではraid.disktype.enable、オプションがに設定trueされている限り、ディスクタイプを組み合わせて新しいアグリゲートを作成することはできません。

RPM mixing options

次の 2 つの設定オプションでは、 1 つのアグリゲートに異なる RPM のディスクを混在させることを許可するかどうかを指定します。

  1. このオプション raid.rpm.ata.enable では、同じアグリゲート内の異なる RPM の ATA ディスク( ATA 、 SATA 、 BSAS 、 mSATA タイプのディスク)の混在を制御します。このオプションをに設定するとtrue、 RPM 値が異なる ATA ディスクは異なるとみなされ、 Data ONTAP は、同じ RPM 値を持つディスクのみをアグリゲートの一部として選択します。このオプションをに設定するとfalse、異なる RPM の ATA ディスクは同等とみなされ、 Data ONTAP では、異なる RPM のディスクを同じアグリゲートに含めることができます。
  2.  raid.rpm.fcal.enableこのオプションでは、同じアグリゲート内で異なる RPM を持つ SAS ディスクと FCAL ディスクの混在を制御します。このオプションをに設定するtrueと、 RPM が異なる FCAL ディスクと SAS ディスクが異なると見なされ、 Data ONTAP は同じ RPM 値を持つディスクのみをアグリゲートの一部として選択します。このオプションをに設定するとfalse、 RPM が異なる FCAL ディスクと SAS ディスクは同じものとみなされ、 Data ONTAP では、異なる RPM を持つディスクを選択して同じアグリゲートに含めることができます。

のデフォルト値raid.rpm.fcal.enableはですtrue。つまり、同じアグリゲート内で速度の異なる FCAL ディスクと SAS ディスクを混在させることはできません。これは、 15K RPM ドライブは 10,000 RPM ドライブよりも高価で、 15K RPM ドライブのみをアグリゲートに使用すると、パフォーマンスが向上するためです。raid.rpm.ata.enableただし、のデフォルト値はですfalse。これは、同じアグリゲート内で異なる速度の ATA ディスクを混在させることがデフォルトで許可されることを意味します。これにより、 5.4K rpm の ATA ディスクを使用するアグリゲートがあり、サポート終了( EOL )に近づいているシステムは、 7.2K rpm のディスクに簡単に移行できます。

ディスクタイプの混在オプションの場合と同様 falseに、アグリゲートの作成時またはディスクの追加時に、特定の RPM 値を持つディスクを確実に選択する方法はありません。システムに異なる RPM のディスクが混在'-R'falseしている場合、対応する設定オプションがに設定されていると、アグリゲートの作成時にオプションで指定した RPM 値が無視されることがあります。たとえば'-T ATA -R 5400'、ユーザが aggregate creation コマンドで指定した場合、 5.4K RPM と 7.2K RPM の ATA ディスクを搭載したシステムで 5.4K RPM の ATA ディスクを確実に選択するために、 Data ONTAP では代わりに 7.2K RPM の ATA ディスクを選択することになります。 「 raid.rpm.ata.enablefalse」オプションが「」に設定されている場合。これは、 2 セットのディスクが RPM と同等であると見なされ、ディスクサイズ、チェックサムタイプなどの他のディスク属性のいずれかに基づいて最終的に選択されるためです。これにより、 7.2K rpm のディスクが優先される可能性があります。特定の RPM 値のディスクを選択するにtrueは、そのディスクタイプの設定オプションをに設定する必要があります。

Data ONTAP 8.2 以降raid.rpm.ata.enableraid.rpm.fcal.enableでは、オプションとオプションは廃止され、まったく同じように動作する 2 つの新しいオプションに置き換えられています。ただし、機能をより明確に示すために、名前が異なります。

  1. raid.mix.hdd.rpm.capacity raid.rpm.ata.enable- このオプションは、容量ベースのハードディスクタイプ( BSAS 、 FSAS 、 SATA 、 ATA 、 mSATA )の混在を置き換え、制御します。デフォルト値はですtrue。これは、混在が可能であることを意味します。
  2. raid.mix.hdd.rpm.performance raid.rpm.fcal.enable- このオプションは、パフォーマンスベースのハードディスクタイプ( FCAL と SAS )の混在を置き換え、制御します。デフォルト値はですfalse。これは、混在が許可されていないことを意味します。

2 つの新しいオプションの動作は、以前のオプションの動作とまったく逆になります。新しいオプションでは、true値が「」falseの場合、異なる RPM のディスクを同じアグリゲートに含めることができますが、値が「」の場合は、同じアグリゲートに含めることはできません。raid.rpm.ata.enableとの場合raid.rpm.fcal.enableは、逆の値です。trueつまり、ディスクは RPM で厳密に分離され、同じアグリゲート内で RPM を混在させることはできません。 値がの場合falseは、混合が許可されます。

この資料の残りの部分では、上記の構成オプションを「 RPM 混在オプション」と呼び、同じアグリゲート内で異なる RPM を持つディスクを混在させることが許可されるかどうかを決定します。Data ONTAP 8.1 以前のリリースでは、この用語はオプションraid.rpm.ata.enableraid.rpm.fcal.enableを意味します。Data ONTAP 8.2 以降のリリースでは、この用語はオプションraid.mix.hdd.rpm.capacityraid.mix.hdd.rpm.performanceを意味します。

Checksum

ディスクのチェックサム方式は、スペアの選択時に Data ONTAP で使用されるもう 1 つの属性です。Data ONTAP では、次のチェックサムタイプがサポートされています。

  1. ブロックチェックサム( BCS ):このチェックサム方式では、 4096 バイト( 4KB )ごとにチェックサム情報を格納するために 64 バイトを使用します。このスキームは、セクタあたり 520 バイト(「 bps 」)またはセクタあたり 512 バイトでフォーマットされたディスクで使用できます。520 bps ディスクでは、 8 セクタのセットを使用して、 4 KB のデータと 64 バイトのチェックサム情報を格納します。この方式では、使用可能なディスク容量を最大限に活用できます。512bps でフォーマットされたディスクでは、 Data ONTAP は 8/9 という形式を使用して BCS を実装します。この方式では、 9 つのセクターからなる 8 つの 512 バイトセクターのセットを使用して、 4 KB のデータを格納します。 9 つ目のセクターは、前の 8 セクターの 64 バイトのチェックサム情報を格納するために使用されます。この方式では、使用可能なディスク容量の約 10% が未使用になります。これは、チェックサムの格納に使用されるのは 9 セクタごとに 64 バイトで、残りの 448 バイトは使用されないためです。ブロックチェックサムは、セクタあたり 4160 バイトでフォーマットされたディスクでも使用できます。

  2. ゾーンチェックサム( ZCS ):このチェックサム方式では、それぞれ 4 KB の 63 ブロックの後に、 63 ブロックのチェックサム情報の 1 ブロックが続きます。この方式では、使用可能なディスク容量を十分に活用できますが、パフォーマンスが低下します。データとチェックサムが共存しておらず、チェックサム情報を読み取るために追加のシークが必要になる場合があるためです。このパフォーマンスの低下により、ディスクでは ZCS スキームが広く使用されなくなりました。ただし、一部の古いシステムと LUN で使用されています。

  3. Advanced Zone Checksum ( AZCS ):このチェックサム方式は、 Data ONTAP 8.1.1 で導入されました。特に、ストレージ効率を最適化する必要があるディスク、およびセクタあたり 4KB でフォーマットされたディスクに適用されます。4K bps ディスクには新しいスキームが必要です。これらのディスクの 8/9BCS スキームと同様のスキームを使用すると、ディスク容量の約 50% の浪費につながり、 ZCS スキームのパフォーマンスペナルティが高すぎるためです。AZCS スキームでは、ディスクはゾーンに分割され、各ゾーンに 64 の 4KB ブロックが含まれます。各ゾーンの中間ブロックはチェックサムブロックに指定され、ゾーン内の他のすべてのブロックのチェックサム情報が格納されます。チェックサムブロックをゾーンの中央に配置すると、データブロックとチェックサムブロック間の平均シーク距離が短くなり、 ZCS スキームと比較してパフォーマンスが向上します。AZCS スキームは、セクタあたり 512 バイトでフォーマットされたディスクでも使用できます。

次のリストは、 Data ONTAP のさまざまなディスクタイプでサポートされている現在のチェックサムタイプを示しています。このリストは変更される可能性があります。特定の Data ONTAP リリースの最新情報を入手Supportするには、サイトの製品マニュアルを参照してください。

  1. SAS 、 FCAL - BCS
  2. ATA 、 SATA 、 BSAS 、 FSAS-BCS
  3. mSATA - AZCS
  4. SSD(FabricPool)

LUN タイプのディスクは、 BCS 、 ZCS 、および AZCS アグリゲートで使用できます。

'disk assign -c'7-Mode のコマンド'storage disk assign -checksum'と C-Mode のコマンドを使用して、指定したチェックサムタイプをディスクまたは LUN に割り当てることができます。このコマンドでは、 2 つのチェックサム値- 'block' 'zoned'を使用できます。'block' チェックサムタイプが割り当て'zoned'られているディスクと LUN は、 BCS アグリゲートに追加できます。チェックサムタイプが割り当てられているディスクと LUN は、 AZCS アグリゲートと古い ZCS アグリゲートに追加できます。

 

Mixed checksum aggregates

Data ONTAP システムの各アグリゲートには、アグリゲート内のディスクのチェックサムタイプに基づいてチェックサムタイプが割り当てられます。BCS チェックサム・ディスクを使用するアグリゲートのチェックサム・タイプは「 block 」、 AZCS チェックサム・ディスクを使用するアグリゲートのチェックサム・タイプは「 AZCS 」、ゾーン・チェックサム LUN を使用するアグリゲートのチェックサム・タイプは「 zoned 」です。Data ONTAP では、チェックサム方式が「 mixed 」のアグリゲートも使用できます。これらのアグリゲートには、 AZCS と BCS の両方のチェックサムディスクがありますが、別々の RAID グループにあります。このようなアグリゲートは、「混合チェックサムアグリゲート」と呼ばれます。混在チェックサムアグリゲートは、 BCS ディスクが AZCS アグリゲートに追加されたとき、または AZCS ディスクがブロックチェックサムアグリゲートに追加されたときに作成されます。新しく追加されたディスクを使用して新しい RAID グループが作成され、アグリゲートのチェックサムタイプが「 mixed 」に設定されます。 

Disk size

Data ONTAP では、スペアの選択基準としてディスクサイズも使用されます。ユーザは、アグリゲートの作成コマンドまたは disk addition コマンド'@size' (オプションを使用)で、必要なディスクサイズ値を指定できます。ディスクの交換に失敗した場合、望ましいサイズ値は、交換が必要な障害ディスクのサイズです。

ディスクサイズの適切な値を指定すると、 Data ONTAP は 20% の分散係数を使用して適切なスペアディスクを識別します。考慮するすべてのスペアディスクについて、 Data ONTAP は 2 つのサイズを計算します。 1 つは「最小」サイズで、もう 1 つはスペアディスクのサイズの 80% です。もう 1 つは「最大」サイズで、スペアディスクのサイズの 120% です。次に、必要なサイズ値が、スペアディスクの最小サイズと最大サイズで定義された範囲内にあるかどうかを確認します。この場合、スペアディスクはディスクサイズに関して選択に適していると見なされます。

Data ONTAP でこれらの計算に使用されるディスクサイズの値は、ディスクの物理容量の適切なサイズの値です。「使用可能容量」とも呼ばれます。適切なサイジングとは、 Data ONTAP がディスク上の使用可能なセクタ数を標準化するために使用するプロセスです。これにより、異なるメーカーの同じサイズのディスクを Data ONTAP システムで同じように使用できます。また、適切なサイジングでは、 Data ONTAP が独自に使用するために必要なディスクのスペース量も考慮されます。ディスクの使用可能容量は物理容量よりも小さく'sysconfig -r'、 7-Mode (「 Used MB/BLKS 」列'storage disk show -fields usable-size')のコマンドと C-Mode のコマンドを使用して表示できます。『ストレージ管理ガイド』には、 Data ONTAP でサポートされるさまざまなディスクの物理容量と使用可能な容量が記載されています。

もう 1 つ注意すべき点は、 Data ONTAP では、バイナリのプレクスを使用してディスクサイズの値が計算され、レポートされるのに対し、ディスクメーカーでは SI プレクスを使用してディスクサイズがレポートされる点です。使用するユニットが異なるため、 Data ONTAP で報告されるディスクサイズは、製造元が通知するディスクサイズよりも小さくなります。 

サイズポリシーの後に Data ONTAP が続き、ディスクの適切なサイジングとディスクサイズレポートユニットの違いを組み合わせると、予期しないスペアの選択動作が発生する可能性があります。たとえば、 2TB SATA ディスクを搭載したシステムでは、アグリゲートの作成または追加コマンドで希望のサイズ値を 2TB に指定しても、システムに存在する 2TB ディスクは選択されません。これは、実際には 2 TB のディスクの有効容量が 1.62 TB であるためです。これは、適切なサイジングを行った後、バイナリのプレクスを使用してディスクサイズを計算するためです。Data ONTAP のサイズ選択ポリシーを使用すると、サイズが 1.62 TB のスペアディスクで計算された 20% のスプレッドは、 {1.29 TB 、 1.94 TB} の範囲になります。この範囲には、指定された 2 TB のディスクサイズは含まれません。したがって、システムに 2TB のディスクがあり、ユーザから特別に要求された場合でも、 Data ONTAP は 2TB のスペアディスクを選択しません。1 TB と 3 TB のディスクでも同じ動作が見られます。

入力サイズを指定して特定のスペアディスクを確実に選択するには、サイズ値を指定して、目的のスペアディスクの使用可能な容量に対して 80% ~ 120% の計算を実行すると、指定したサイズ値を含む範囲が作成されるようにする必要があります。たとえば、システムに存在'sysconfig -r'する 2TB のディスクを確実に選択するには、コマンドを使用して 2TB ディスクの使用可能容量を確認し、その値の 80% ~ 120% の範囲のサイズ値を指定する必要があります。

2 TB ディスクの有効容量: 'sysconfig -r':

Used (MB/blks)
--------------
1695466/3472314368

したがって、 1695466 MB のうちの 80% 、 1695466 MB  の 120% という範囲のサイズ値を指定すると、 2TB のスペアディスクが選択されます。'@1695466M' 例:または '@1695G'  '@1700G'。 

Pool

プールとは、ユーザ指定の割り当てに従ってディスクをグループに分離するために Data ONTAP で使用される抽象化です。Data ONTAP システム内のすべてのスペアディスクは、 pool0 または pool1 の 2 つのスペアプールのいずれかに割り当てられます。プールへのディスクの割り当てに関する一般的なガイドラインは、次のとおりです。

  1. 同じシェルフまたはストレージアレイ内のディスクは、同じプールに割り当てる必要があります
  2. 各プールに割り当てられているディスクの数は、同じかそれに近い数にする必要があります

デフォルトでは、 Data ONTAP システムの起動時に、すべてのスペアディスクがプール 0 に割り当てられます。SyncMirror を使用するようにシステムが設定されていない場合は、単一のプールにすべてのディスクを配置すればアグリゲートを作成できます。システムで SyncMirror が有効になっている場合、 Data ONTAP では、 SyncMirror アグリゲートを作成するためにディスクを 2 つのプールに分離する必要があります。SyncMirror アグリゲートには、同じ WAFL ファイルシステムの 2 つのコピーが含まれており、他のアグリゲートと同期されています。各コピーは「プレックス」と呼ばれます。データ損失に対する最善の保護を実現するには、 SyncMirror アグリゲートの 1 つのプレックスを構成するディスクを、もう一方のプレックスを構成するディスクから物理的に分離する必要があります。SyncMirror アグリゲートの作成時に、 Data ONTAP は各プールから同数のスペアディスクを選択し、プール 0 から選択したディスクを持つアグリゲートのプレックスを 1 つ作成し、プール 1 から選択したディスクを持つプレックスをもう 1 つ作成します。プールへのディスクの割り当てが上記のガイドラインに従って行われている場合、この方法でディスクを選択すると、単一のディスク・シェルフまたはストレージ・アレイの損失がアグリゲートの 1 つのプレックスにのみ影響します。 また、影響を受けたプレックスがリストアされている間も、その通常のデータ・アクセスを他のプレックスから継続できます。

'disk assign -p <pool_number>' このコマンドを使用すると、ディスクをプールに割り当てることができます。プールは、 7-Mode と C-Mode の両方で使用できます。システムで SyncMirror が有効になっている場合は、システム管理者がこのコマンドを使用してディスクを pool1 に割り当ててから、 SyncMirror アグリゲートを作成する必要があります。 

Pre-zeroed status

Data ONTAP では、アグリゲートの一部であったすべてのスペアディスクを初期化してから、新しいアグリゲートに追加する必要があります。ディスクのゼロ化により、新しいアグリゲートを作成する際にパリティ計算が不要になります。また、既存のアグリゲートにディスクを追加しても、新しいディスクが追加されたすべての RAID グループでパリティを再計算する必要はありません。アグリゲートの作成または追加用に選択された非初期化スペアディスクは、最初に初期化する必要があります。これにより、アグリゲートの作成または追加プロセスの全体的な期間が長くなります。障害が発生したディスクの交換では、完全に初期化されたスペアは必要ありません。交換用ディスクのデータを再構築すると、一部のディスクブロックの既存のデータが上書きされるためです。ただし、再構築中に上書きされないブロックは、アグリゲートでディスクを使用する前に初期化する必要があります。

Data ONTAP では、アグリゲートの作成と追加、および障害が発生したディスクの交換のために、スペアの選択時に初期化済みのディスクを優先的に使用できます。ただし、システムで初期化済みのスペアディスクを使用できるというメリットはありますが、アグリゲートからディスクが削除されても、 Data ONTAP ではディスクが自動的にゼロ化されることはありません。これは、アグリゲートからディスクを削除したあとでもディスク上のデータが必要になるシナリオで、リカバリ不能なデータ損失が発生する可能性を最小限に抑えるためです。ディスクの初期化は、システム管理者のみ'disk zero spares'が 7-Mode および'storage disk zerospares'  C-Mode でコマンドを使用して開始できます。このコマンドは、その時点でシステムに存在するスペアディスクのバックグラウンドで初期化プロセスを開始します。 

Topology-based optimization of selected spares

Data ONTAP は、アグリゲートの作成、追加、またはディスクの交換に選択されたスペアディスクのセットに基づいて、ストレージシステムのトポロジに基づいて最適化を実行します。最初に、チャネル、シェルフ、およびスロットごとに選択したスペアディスクを使用してトポロジレイアウトを作成します。次に、ストレージシステムのすべての障害ポイント(アダプタ、スイッチ、ブリッジ、シェルフ、)を考慮し、各障害ポイントに関連付けられている既存のファイルシステムディスクの数をカウントすることで、それぞれの「負荷」を見積もります。Data ONTAP では、スペアを割り当てるときに、さまざまな障害点にディスクを均等に分散しようとします。また、選択したディスクがターゲット RAID グループ内の他のディスクと共通する障害点を最小限に抑えることも試みます。最後に、必要な数のスペアが割り当てられ、選択したディスクがすべての重大な障害ポイント間で交互に割り当てられます。

新しいアグリゲートを作成するためのスペアの選択

Data ONTAP では、スペアの選択にディスク属性(ディスクタイプ、チェックサムタイプ、 RPM 、ディスクサイズ)を使用します。ユーザは、 aggregate creation コマンドで、これらの属性の一部に必要な値を指定できます。ユーザが指定しない属性の場合、 Data ONTAP は、スペアを最適に選択するための値を決定します。

まず、選択するディスクのディスクタイプとチェックサムタイプが決定されます。ユーザが目的のディスクタイプを指定していない場合は、スペアディスクの数が最も多いディスクタイプが検出されます。ユーザが目的のチェックサムタイプを指定した場合、そのチェックサムタイプのディスクだけがカウントされます。そうでない場合は、チェックサムタイプの次の順序でディスクを検索します。

  1. Advanced Zone Checksum ディスク
  2. ブロックチェックサムディスク
  3. ゾーンチェックサムディスク

Data ONTAP では、チェックサム方式ごとに、ディスク数が最も多いディスクタイプが決定されます。この数が新しいアグリゲートの作成に十分でない場合、次のチェックサムタイプのディスクが考慮されます。チェックサムタイプに十分な数のディスクがない場合、アグリゲートの作成処理は失敗します。この手順では、ユーザが指定した追加の属性も考慮されます。たとえば、ユーザが目的のチェックサムタイプと目的の RPM 値を指定した場合、 Data ONTAP は、指定されたチェックサム値と RPM 値を持つディスクが最も多いディスクタイプを判別します。

同じ数のスペアディスクを持つディスクタイプが 2 つ以上ある場合、 Data ONTAP は次の優先順位でディスクタイプを選択します。

  1. MSATA
  2. FSAS
  3. BSAS
  4. SSD
  5. SATA
  6. SAS
  7. LUN
  8. ATA
  9. FCAL

ディスクタイプとチェックサムタイプに基づいて一連のディスクを識別すると、 RPM に基づいてサブセットが選択されます。この手順は、特定されたディスクタイプが SSD でも LUN でもない場合にのみ実行されます。回転速度の概念は、これらのディスクタイプには適用されないためです。ユーザーが希望する RPM 値を指定した場合、その値を持つディスクのみが選択したセットに存在します。ユーザが値を指定していない場合、 Data ONTAP は選択されたすべてのディスクを RPM 値でグループ化し、ディスク数が最も多いグループを選択します。2 つ以上のグループのディスク数が同じ場合は、 RPM が最も高いグループが選択されます。指定したディスクタイプの RPM 混在オプションの値によって、そのディスクタイプのディスクが RPM と同等と見なされるかどうかが決まります。このオプションをに設定するfalseと、 RPM 値が異なる場合でも、そのディスクタイプのすべてのディスクが同じグループにまとめてカウントされます。オプションをに設定するとtrue、そのディスクタイプのディスクは、 RPM 値に従って厳密にグループに分けられます。

ユーザがアグリゲート作成コマンドで必要なディスク・サイズを指定した場合、 Data ONTAP は、必要なサイズがスペア・ディスクのサイズの 80% ~ 120% 以内になるようにスペア・ディスクを選択します。ユーザが目的のサイズを指定していない場合、 Data ONTAP は選択したディスクをサイズの昇順で使用します。最大のディスクが dParity ディスクになり、次の最大のディスクが RAID グループのパリティディスクになります。同じサイズのディスク間では、初期化済みのディスクが優先されます。

これらの属性に基づいてスペアディスクのセットが識別されると、 Data ONTAP はストレージシステムのトポロジに基づいて選択を最適化します。トポロジ最適化手順の詳細Topology-based optimization of selected sparesについては、を参照してください。

前述のように、スペアの選択時に Data ONTAP で考慮されるディスクタイプと RPM の値は、ディスクタイプの混在オプションと RPM の混在オプションの値によって異なります。

Creation of a root aggregate

Data ONTAP は、 SSD の数が多い場合でも、 SSD よりも HDD を優先してシステム内にルートアグリゲートを作成します。ルートアグリゲートに SSD が選択されるのは、 HDD が不足している場合のみです。

Creation of a unmirrored aggregate

ミラーリングされていないアグリゲートの場合、 Data ONTAP は 2 つのプールのいずれかからスペアディスクのセットを選択します。各プール内の使用可能なスペアディスクの数をカウントし、大きい数のセットを選択します。2 つのプールのいずれにも十分な数のディスクがない場合、アグリゲートの作成は失敗し、エラーメッセージが表示されます。Data ONTAP では、 2 つのプールにまたがるディスクのセットは選択されません。ただし、'-d/-disklist'この動作は、両方のプールにまたがるディスクのリストを指定してオプションを指定し'-f/-force'、プールチェックを上書きするオプションを指定することで上書きできます。

Creation of a SyncMirror aggregate

SyncMirror アグリゲートを作成する手順は、ミラーリングされていないアグリゲートの場合と同じですが、 1 つの違いがあります。Data ONTAP では、アグリゲートを形成するためにいずれかのプールから 1 セットのディスクを選択するのではなく、 2 セットのディスク(各プールから 1 セット)を選択して、アグリゲートの 2 つのプレックスを形成します。プール 0 から選択したディスクは、ディスクタイプ、 RPM 、チェックサムタイプに関して、プール 1 から選択したディスクと同じである必要があります。ただし、サイズが異なる場合があります。Data ONTAP は、 pool0 の各ディスクを pool1 のディスクとペアにします。また、 1 組のディスクのサイズが異なっていて、 RAID グループのデータディスクとして選択されている場合は、大きい方のディスクのサイズが小さい方のディスクのサイズに縮小されます。ペアのディスクが RAID グループ内のパリティディスクまたは dParity ディスクとして選択されている場合、サイズが異なる場合でもダウンサイジングは必要ありません。いずれかのプールに十分なディスクがない場合、または一方のプールのディスクが、ディスクタイプ、 RPM 、チェックサムタイプに関して他のプールのディスクと異なる場合、アグリゲートの作成は失敗します。 


Spare selection for disk addition to an existing aggregate

既存のアグリゲートに追加するスペアを選択する手順は、新しいアグリゲートを作成する手順と似ています。ユーザは、一部のスペア選択属性に必要な値を指定できます。 Data ONTAP は、残りの属性に最適な値を決定します。指定されていない属性の最適な値を決定する際、 Data ONTAP はアグリゲートにすでに存在するディスクの属性を考慮します。

ディスクタイプ:アグリゲートに追加するディスクに必要なディスクタイプを指定できます。指定しFlash Poolsたディスクタイプが SSD ディスクタイプで、アグリゲートに HDD のみが含まれている場合は、機能が有効になっていればフラッシュプールに変換されます(を参照)。この場合、新しく追加したディスクを使用して新しい SSD 階層が作成され、 1 つ以上の新しい RAID グループが形成されます。指定したディスクタイプが HDD ディスクタイプで、アグリゲートに HDD のみが含まれている場合は、ディスクタイプの混在に関する通常のルールが適用されます。ユーザがディスクタイプを指定していない場合、 Data ONTAP はアグリゲート内の他のディスクのディスクタイプに基づいて値を判別しようとします。これ'-g' は、新しいディスクを追加する RAID グループによって異なり、オプションを使用してユーザが指定できます。このオプションには、次の値を指定できます。

  1.  RAID group name - 指定された既存の RAID グループにディスクを追加して、ディスクがいっぱいになるまで追加します。残りのディスクは破棄します
  2. 'new' - ディスクを追加して、 1 つ以上の新しい RAID グループを作成します
  3. 'all' - ディスクがいっぱいになるまで既存のすべての RAID グループにディスクを追加します。その後、新しい RAID グループを作成します 

ユーザがディスクタイプを指定せずに RAID グループ値を指定した場合、 Data ONTAP は指定された RAID グループ値からディスクタイプを判別しようとします。たとえば、ユーザが既存の RAID グループを指定した場合、 Data ONTAP はその RAID グループ内のディスクと同じディスクタイプのスペアディスクを選択します。RAID グループ値を指定しない場合、 Data ONTAP はアグリゲート内の最初の RAID グループのディスクタイプを持つディスクを選択します。新しいディスクをフラッシュプールに追加する場合は、アグリゲートの追加コマンドに十分な情報を入力して、ディスクを追加する階層を明確に特定する必要があります。これ'-T' '-g' を行うには、オプションを使用してディスクタイプを明示的に指定するか、 Data ONTAP がディスクタイプを推測できるように RAID グループ値(オプションを使用)を指定します。'-d'このオプションを使用して、ディスクリストを明示的に指定することもできます。ただし、 Data ONTAP では、 1 つのコマンドで 1 つの階層にディスクを追加することしかできないため、指定したディスクリストに HDD と SSD の両方を含めることはできません。

チェックサムタイプ:ユーザは、追加するディスクに必要なチェックサムタイプを指定できます。指定しMixed checksum aggregatesたチェックサムタイプがアグリゲートの一般的なチェックサムタイプと異なる場合、アグリゲートは混合チェックサムアグリゲートになり(を参照)、新しく追加されたディスクで 1 つ以上の新しい RAID グループが作成されます。ユーザが目的のチェックサム方式を指定していない場合、 Data ONTAP はアグリゲート内の最初の RAID グループと同じチェックサム方式のディスクを選択します。

rpm :既存のアグリゲートに追加するディスクの RPM 値を指定することはできません。Data ONTAP は、アグリゲート内のディスクを RPM でグループ化し、ディスク数が最大の RPM を選択することで、アグリゲート内の一般的な RPM 値を判別します。同じサイズのディスクが 2 つ以上あり、 RPM が異なる場合は、希望する RPM 値として大きい RPM 値が選択されます。目的の RPM 値を持つスペアがない場合、 Data ONTAP は異なる RPM を持つディスクを選択できます。これfalseは、選択したディスクタイプの RPM 混在オプションの値によって異なります。値がに設定されている場合は、異なる RPM 値を持つディスクを選択できます。オプション '-d/-disklist''-f/-force'一緒にディスクを指定すると、アグリゲート内の大部分のディスクと RPM が異なるディスクをアグリゲートに追加できます。

Size :ユーザが追加するディスクに必要なサイズを指定した場合、 Data ONTAP は、選択したスペアディスクのサイズの 80% ~ 120% の範囲内に、必要なサイズのスペアディスクを選択します。ユーザが必要なサイズを指定していない場合、 Data ONTAP はターゲット RAID グループ内の最大のデータディスクのサイズを「ベースライン」サイズとして使用し、次の順序でスペアディスクを選択します。

  1. ベースラインサイズと同じサイズのディスク
  2. ベースラインサイズよりも小さいディスクを降順で指定します
  3. ベースラインサイズよりも大きいディスクは、昇順で表示されます

ディスクが新しい RAID グループを形成する場合、 Data ONTAP は、追加するディスクと同じディスクタイプとチェックサムタイプを持つアグリゲート内の最新の RAID グループを検出します。 RAID グループ内の最大データディスクのサイズをベースラインサイズとして使用します。

これらの属性に基づいてスペアディスクのセットが識別されると、 Data ONTAP はストレージシステムのトポロジに基づいて選択を最適化します。最適化手順の詳細Topology-based optimization of selected sparesについては、を参照してください。

Addition of disks to an unmirrored aggregate

ミラーリングされていないアグリゲートの場合、選択したスペアディスクは、アグリゲート内の既存のディスクの大部分が属する同じプールから選択されます。反対側のプールからディスクを追加する'-d/-disklist''-f/-force'Spare selection with the '-disklist' optionは、オプションを使用して、追加するディスクのリストを指定し、プールチェックを上書きするオプションを指定します(を参照)。

Addition of disks to a SyncMirror aggregate

SyncMirror アグリゲートの場合、選択したスペアディスクは 2 つのプレックスに均等に分割され、各スペアプールからのディスク数は同じになります。各プールに必要な数の一致するディスクがない場合、 Data ONTAP は 2 つのプールのディスクを混在させることはできず、アグリゲートの追加処理は失敗します。


Spare selection for replacement of a failed disk

Data ONTAP では、次の属性を使用して、障害が発生したディスクの代わりに、ディスクタイプ、 RPM 、プール、チェックサムタイプ、ディスクサイズを選択します。これらの属性に必要な値は、交換される障害ディスクの属性と、その属性が属していたアグリゲートの属性を考慮して、 Data ONTAP によって決定されます。一致するスペアディスクは、考慮されるすべての属性に必要な値を持つスペアディスクです。適切なスペアディスクとは、必要なすべての値を持たず、障害ディスクの適切な交換とみなされるスペアディスクです。Data ONTAP では、最初に、障害が発生したディスクを交換するために、一致するスペアディスクが検索されます。一致するスペアが見つからない場合は、適切なスペアディスクが検索されます。

Data ONTAP では、選択属性に必要な値が次のように決定されます。

ディスクタイプ:ディスクタイプは、交換用スペアディスクの選択におけるハード要件です。選択したスペアディスクのディスクタイプは、障害ディスクが属していた RAID グループのディスクタイプと同じである必要があります。Data ONTAP では、障害が発生したディスクを交換するために、異なるディスクタイプのスペアディスクは選択されません。Disk typeただし、ディスクタイプの混在オプションがオンになっている場合は、「」の項で説明したように、スペアの選択中に特定のディスクタイプがグループ化されます。

RPM選択したスペアディスクの目的の RPM 値は、障害ディスクの RPM ではなく、アグリゲート(または SyncMirror アグリゲートの場合はプレックス)内の残りのディスクの RPM に基づいています。一致するスペアディスクの RPM 値は、アグリゲート内の大部分のディスクと同じです。同じサイズのディスクが 2 つ以上あり、 RPM が異なる場合は、希望する RPM 値として大きい RPM 値が選択されます。一致するスペアディスクがない場合、 Data ONTAP は、異なる RPM 値を持つ適切なスペアディスクを選択することがあります。RPM 値が大きいディスクを使用することを推奨しますが、値がない場合は、 RPM が小さいディスクも選択できます。RPM 混在オプションでは、RPM同じアグリゲート内で異なる RPM を持つディスクを混在させることを許可するかどうかを指定します(を参照)。

Pool :一致するスペアディスクは、障害ディスクを含むアグリゲートの親プレックスと同じプールに属している必要があります。アグリゲートがミラーリングされていない場合は、一致するスペアディスクがないと、 Data ONTAP は反対側のプールから適切なスペアディスクを選択することがあります。ミラーリングされたアグリゲートの場合、 Data ONTAP は、アグリゲートがミラーデグレードされているか再同期中の場合にのみ、反対側のプールからディスクを選択します。

チェックサムスペアディスクの目的のチェックサムタイプは、障害が発生したディスクが属していた RAID グループのチェックサムタイプです。選択したスペアディスクが目的のチェックサム方式をサポートしている場合、 Data ONTAP は異なるチェックサム方式のスペアディスクを選択できます。

サイズ選択したスペアディスクのサイズは、交換する障害ディスクと同じか、それより大きい必要があります。選択したディスクのサイズが大きい場合は、使用する前にサイズが縮小されます。

複数の一致するスペアディスクまたは適切なスペアディスクが検出された場合、 Data ONTAP は 2 つの追加属性を使用して 1 つのディスクを選択します。 1 つは、ディスクの初期化済みステータスとストレージシステムのトポロジです。Data ONTAP では、セクションの説明に従って、すでに初期化Pre-zeroed statusされているスペアが優先されます。Topology-based optimization of selected sparesまた、の項で説明するように、ストレージシステムのトポロジに基づいて選択を最適化しようとします。

Failed disk replacement in an unmirrored aggregate

Data ONTAP では、まず、ミラーリングされていないアグリゲート内の障害ディスクを交換するために、一致するスペアディスクを検索します。一致するスペアが見つからない場合は、次の順序で選択属性を変更して、適切なスペアディスクを検索しようとします。

  1. 異なる RPM 、同じプール
  2. 同じ RPM 、異なるプール
  3. RPM が異なり、プールも異なります

Failed disk replacement in a SyncMirror aggregate

ミラーリングされていないアグリゲートの場合と同様に、 Data ONTAP は最初に、障害が発生したディスクを交換するために、一致するスペアディスクを検索しようとします。一致するスペアがない場合は、適切なスペアが検索されます。上記の属性のバリエーションは同じ順序で試行されますが、 1 つの違いがあります。アグリゲートが通常の障害分離状態の場合、 Data ONTAP は反対のプール内の適切なスペアディスクを検索しません。Data ONTAP は、アグリゲートがミラーデグレードされているか、または再同期中で、障害ディスクを含むプレックスが再同期のソースとして機能している場合にのみ、反対側のプール内の適切なスペアを検索します。それ以外の場合は、同じプール内に適切なスペアや一致するスペアがないと、ディスクの交換が失敗します。

Spare selection with DS4486 shelves

Data ONTAP 8.1.1 では、 DS4486 ディスクシェルフのサポートが導入されています。これは、ディスクキャリアごとに 2 台の物理ディスクを収容する新しい高密度ディスクシェルフです。DS4486 シェルフでは、最も小さい現場交換可能ユニット( FRU )がディスクキャリアです。つまり、シェルフ内で個別に交換できる最小のユニットです。キャリア内のいずれかのディスクに障害が発生した場合は、もう一方のディスクが正常であっても、キャリア全体を交換する必要があります。障害が発生したキャリアの正常なディスクがアグリゲートの一部である場合、 Data ONTAP はディスクコピー処理を開始して、正常なディスクを別のディスクにコピーする必要があります。その後、キャリアを交換するシェルフから取り外すことができます。したがって、 DS4486 環境でのスペアの選択は、各キャリアが単一点障害とみなされるため、若干異なります。

Data ONTAP では、同じキャリアから同じ RAID グループに 2 つのスペアを割り当てる必要がありません。これは、キャリア内のいずれかのディスクで障害が発生した場合、選択したスペアディスクの再構築とともに、正常なディスクの完全なディスクコピーが必要になるためです。 これらの処理の進行中に RAID グループがリスクにさらされる。Data ONTAP では、障害が発生したディスクまたは障害が発生したディスクがすでにあるキャリアからスペアディスクを選択する必要もありません。これらの変更はすべて、トポロジ最適化の段階で実行されます。スペアディスクの選択は通常どおり行われ、キャリア内の各ディスクは独立して考慮されます(通常、同じキャリア内のディスクは同じ特性を持ちます)。Data ONTAP は、候補となるスペアディスクを特定すると、チャネル、シェルフ、キャリア、スロットごとにすべてのスペアディスクを発注します。キャリアメイトとして障害が発生したディスクまたは障害が発生したディスクがある選択したすべてのスペアディスクは考慮から除外されます。次に、各キャリアを含め、トポロジの各障害ポイントの「負荷」を推定します。スペアディスクが 2 つあるキャリアには、スペアディスクが 1 つと使用済みディスクが 1 つあるキャリアよりも高い優先順位が与えられます。次に、 Data ONTAP はディスクを割り当て、すべての障害点にディスクを均等に分散し、選択したディスクをチャネル、シェルフ、キャリア間で交互に切り替えます。

システム内のスペアディスクの数が少ない場合、 Data ONTAP はキャリアから同じ RAID グループに 2 つのディスクを割り当てることを回避できません。この場合、アグリゲートの追加後にバックグラウンドプロセスが開始されます。アグリゲートの追加後、一連のディスクコピー処理を実行して既存の RAID グループ内のディスクを再配置し、 1 つのキャリアから 2 つのディスクが同じ RAID グループに含まれているケースを排除します。

Spare selection parameters and options

アグリゲートの作成コマンドと追加コマンドでは、特定の入力パラメータを使用できます。このパラメータを使用して、スペアの選択時に考慮する必要があるディスク属性の値を指定できます。アグリゲートの作成または追加時に、必要なディスクセットを確実に選択できるように、これらのパラメータの値をできるだけ多く指定する必要があります。これらのパラメータは次のとおりです。

  1. -T <disk type>
  2. -R <rpm value>
  3. -c <checksum type>
  4. @<size value>

これらのパラメータに加えて、スペアの選択動作は、ディスクタイプの混在オプションと RPM の混合オプションの値によっても異なります。これらのオプションがに設定されている値の結果、予期しないスペアディスクの選択が発生する可能性があります。たとえば、 Data ONTAP 8.1 以前では、ディスクタイプの混在がデフォルトで許可'-T'されているため、ディスクタイプの指定にオプションが明示的に使用されている場合でも、予期しないディスクタイプが選択される可能性がありました。たとえば、ディスクタイプの混在が許可されている場合、 Data ONTAP は FCAL ディスクと SAS ディスクを同じディスクタイプグループ(「 as 」)の一部とみなします。'aggr create <aggrname> -T FCAL <diskcount>' このため、次のようなコマンドを実行すると、アグリゲートが SAS ディスクで作成される可能性があります。 システムに必要な数の FCAL ディスクが存在する場合でも、これは、 FCAL ディスクと SAS ディスクがディスクタイプと同等であると見なされ、 RPM 、チェックサムタイプ、サイズ、トポロジなどの他のディスク属性に基づいてディスクが選択されるためです。 これにより、 SAS ディスクが FCAL ディスクより優先される可能性があります。ディスクタイプの厳密な強制が必要な場合は、ディスクタイプの混在オプションを無効にする必要があります。

ディスクタイプの適用と同様に、 RPM 混在オプションは、 RPM に基づいてディスクの選択を制御します。RPM の厳密な強制が必要な場合は、これらのオプションを無効にする必要があります。

Spare selection with the '-disklist' option

アグリゲートの作成コマンド'-d'と追加コマンドには、スペースで区切ったスペアディスクのリストを指定できるオプションがあります。Data ONTAP は、このリストをチェックして、ディスクのディスクタイプ、 RPM 、チェックサムタイプ、およびプールに互換性のある値があることを確認し、指定されたディスクを使用して作成または追加処理を実行します。ミラーリングされていないアグリゲートを作成する場合、 Data ONTAP は、ディスクリスト内のディスクが同じプールに属し、同じ RPM 値を持つことを確認します。ミラーリングされていないアグリゲートにディスクを追加する場合、 Data ONTAP は、ディスクリスト内のディスクが同じプールに属していること、およびアグリゲート内の一般的な RPM と同じ RPM 値を持っていることを確認します。これらのチェックが失敗すると、 Data ONTAP はディスクリストを拒否し、コマンドを失敗させます。この動作は'-f/-force'オプションで上書きできます。オプションとともにディスクリストを指定すると'-f' 、 Data ONTAP は RPM チェックとプールチェックの結果を無視します。 したがって、異なるプールのディスクと異なる RPM のディスクを同じアグリゲートに配置できます。

SyncMirror アグリゲートにディスクを作成または追加する場合、 Data ONTAP では、プールごとに 1 つずつ、合計 2 つのディスクリストを指定する必要があります。'-f'このオプションを使用して、 RPM チェックとプールチェックを上書きすることもできます。

 

Examples

10 台の FCAL 、 10 台の SAS 、 10 台の SATA ディスクを搭載したシステムで、新しい'aggr create <aggrname> 5'. アグリゲートを作成するために Data ONTAP が選択するディスクタイプはどれか?

選択するディスクタイプは、ディスクタイプの混在オプションの値によって異なります。ディスクタイプの混在が許可されている場合、 FCAL ディスクと SAS ディスクはグループディスクタイプ SAS とみなされるため、これらのディスクは一緒にカウントされます。Data ONTAP は、ディスク数が最も多いディスクタイプを選択します。すべてのディスクが同じチェックサム方式であると仮定すると、ディスクタイプ SAS ( 10 FCAL + 10 SAS ディスク = 20 ディスク、グループディスクタイプ SAS との比較)が選択されますグループディスクタイプが ATA の 10 台のディスク)Data ONTAP では、グループディスクタイプが SAS のディスクセットから、アグリゲートの作成に FCAL ディスクまたは SAS ディスクを選択することができます。これは、 RPM 、サイズ、初期化済みステータス、ストレージトポロジなど、他のディスク属性に依存します。

ディスクタイプの混在が許可されていない場合は、 3 つのディスクタイプが別々に考慮されます。3 つのディスクタイプはすべて同じ数のディスクを持つSpare selection for new aggregate creationため、 Data ONTAP では、セクションに示されている順序でディスクタイプが選択されます。SAS は FCAL および SATA よりもリストの上位にあるため、 Data ONTAP は新しいアグリゲートの作成に 5 つの SAS ディスクを選択します。

SATA BCS ディスク 6 台、 MSATA AZCS ディスク 4 台、 FCAL BCS ディスク 8 台を搭載したシステムで'aggr create <aggrname> 5'.、 Data ONTAP がアグリゲートの作成に選択するディスクタイプとチェックサムタイプを指定するコマンドを実行します。

選択は、まずチェックサムのタイプ、次にディスクのタイプと数で行われます。Data ONTAP では、まず AZCS チェックサムディスクが考慮され、各ディスクタイプのディスク数がカウントされます。合計で 4 つの AZCS チェックサムディスクしかなく、ユーザーが 5 つのディスクを必要としているため、次のチェックサムタイプ BCS に移行します。6 つの SATA ディスクと 8 つの FCAL ディスクがあり、チェックサム方式は BCS です。Data ONTAP は、ディスク数が多い FCAL のディスクタイプを選択します。SATA ディスクと FCAL ディスクの数が同じ場合Spare selection for new aggregate creationは、セクションに記載されている順序でディスクタイプを選択しているので、 SATA を選択しています。どちらの場合も、選択されているチェックサムタイプは BCS です。

ミラーリングされていないアグリゲート内のディスクに障害が発生した場合、 Data ONTAP はスペアディスクを選択して交換する必要があります。アグリゲート内の他のディスクのタイプは、 FCAL 、チェックサム BCS 、 10k rpm 、プール 0 です。使用可能なスペアディスクは次のとおりです。

  1. グループ 1 :ディスクタイプ FCAL 、チェックサム BCS 、 RPM 15K 、プール 1
  2. グループ 2 :ディスクタイプ SATA 、チェックサム BCS 、 RPM 7.2K 、プール 1
  3. グループ 3 :ディスクタイプ SAS 、チェックサム BCS 、 RPM 15k 、プール 0

Data ONTAP が交換用ディスクを選択するディスクのグループはどれですか。

この場合、障害が発生したディスクに完全に一致するスペアはありません。これは、どのスペアディスクにも必要なすべての属性が設定されていないためです。Data ONTAP はまず、同じディスクタイプのスペアディスクを識別します。システムでディスクタイプの混在が許可されている場合、 Data ONTAP は FCAL ディスクと SAS ディスクを同じ有効なディスクタイプとして扱います。したがって、すべての FCAL スペアディスクと SAS スペアディスクは、ディスクタイプに応じて適切な交換ディスクとみなされます。このディスクセットから、 Data ONTAP は、前述の方法で障害ディスクを交換するための適切なスペアディスクを検索しようとします。

  1. 異なる RPM 、同じプール
  2. 同じ RPM 、異なるプール
  3. RPM が異なり、プールも異なります

バリエーションのリストを見ると、グループ 3 のディスクは、リストのバリエーション 1 (異なる RPM 、同じプール)と一致します。そのため、 Data ONTAP はグループ 3 から交換用ディスクを選択します。この例では、グループ 3 のディスクが存在しない場合、 Data ONTAP は、変動 3 (異なる RPM 、異なるプール)までリストを下に移動し、グループ 1 のディスクを選択します。

システムでディスクタイプの混在がオフになっている場合、 Data ONTAP はディスクタイプに関して FCAL ディスクと SAS ディスクの違いを考慮し、障害が発生したディスクに適した FCAL スペアディスクのみを考慮します。したがって、グループ 1 の使用可能な FCAL スペアディスクの中から交換用ディスクを選択します。

追加情報

ここにテキストを追加します。