メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

WAFL とストライピングは、ディスク間でデータをどのように分散しますか。

Views:
110
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP 7
  • Data ONTAP 8
  • ONTAP 9

回答

低パフォーマンスのストライピング
  • 通常、管理者は、ファイルシステムがいっぱいになる前にディスクスペースを追加します。
  • ファイルが削除されると、ストライプのバランスがとれます。
  • フルファイルシステムでは、ストライピングを維持するために複数のドライブを追加することを推奨します(単一ドライブではありません)。
  • また、レベルを設定することもできます 0 dump/restore 新しいファイルシステムにコピーします。
ディスクドライブ間でのデータの分散
  • Write Anywhere File Layout ( WAFL )は、ディスクドライブをスイープし、すべての空の場所に書き込みます。
  • 新しいディスクドライブが追加された後の最初のスイープでは、新しいディスクドライブは残りよりも多くの書き込みを取得します。
  • しかし、最初のスイープでは新しいディスクに書き込まれるデータ量が増えるため、データは正確にディスクに均等に分散されます。
  • データの量が非常に多いため、データが長期間空のままになることはありません。
  • 新しい WAFL スイープが発生すると、すべてのディスクドライブが均等にフルになるまでデータを移行するという基本的な効果が得られます。
  • 例:
    • まず、フル構成の 5 つの 1GB ドライブから始めます。
    • これは、 10% のリザーブを差し引くと 4.5 GB のデータになります。
    • 5 台のドライブの場合、 1 ディスクあたり 4.5/5=0.9GB です。
    • ドライブを追加すると、この数は少なくなります。
    • たとえば、 6 台のドライブが 4.5/6 = ドライブあたり 0.75 GB であるとします。
  • 上記の例では、新しいドライブに 0.75 GB のデータがある場合、データのバランスが 100% になります。つまり、データの分散を行う前に、古いドライブに現在格納されている 0.75 GB のデータを変更し、新しいドライブに再割り当てする必要があります。
  • メモ:使用するディスクドライブの数が多いほど、データをバランスの取れた状態にするために、データの割合を小さくする必要があります。
  • 古いデータが削除されていないアーカイブシステムがある可能性があります。
    • このような場合、ディストリビューションはそれほど多くは提供されませんが、そのようなシステムは主に読み取りであるため、書き込みパフォーマンスはそれほど問題ではありません。
    • データをコピーすることで、完全なダンプ / リストアを実行しながらデータの分散を分散できます。
    • ファイルがコピーされて元のファイルが削除されると、 WAFL には書き込み割り当てと同じようにデータ配信を除外する機会が与えられます。
書き込み割り当ての概要
  • WAFL コードの書き込み割り当てでは、次の書き込みが行われる場所を示す、各ディスクの現在の書き込み場所( CWL )ポインタが保持されます。
    • 各ディスクの CWL は、ディスクの先頭から始まり、最後まで進み、未割り当てのすべてのスロットに入ります。
    • WAFL では、他のディスクの背後にある CWL に基づいて使用するディスクが選択されるため、すべてのディスクの CWL がクローズされます。そのため、パリティディスクをシークする必要はありません。
    • WAFL では、 1 つのファイルの連続するブロックが 1 つのディスクに書き込まれるため、 1 つの CWL を他の CWL より先に進めることができます。
  • その結果、最初の数回はすべてのディスクを通過する間、新しいディスクには完全に空であるため、大量のデータが書き込まれます。
    • 古いデータが削除され、新しいデータが書き込まれると、ディスクドライブ間でデータが削除されます。
再配置
  • WAFL は、書き込まれたデータを均等に配置しようとしますが、データの再配置を強制的に行う必要が生じる場合があります。
  • ストレージ管理者は、このコマンドの実行時に考慮する必要がある手順と注意事項について、 Data ONTAP の特定のリリースに対応した『システム管理ガイド』を参照する必要があります。

追加情報

 

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support