メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

FabricPool 非アクティブデータレポートの機能

Views:
69
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
cloud-tiering
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9.6
  • FabricPool
  • Inactive Data Reporting ( IDR )

回答

  1. アグリゲートで IDR が有効になっていることを確認するには、コマンドを使用します storage aggregate show -fields is-inactive-data-reporting-enabled
    cluster1::> storage aggregate show -fields is-inactive-data-reporting-enabled aggregate is-inactive-data-reporting-enabled ----------------- ---------------------------------- aggr0_cluster1_01 false aggr0_cluster1_02 false cluster1_01_SSD_1 false cluster1_02_SSD_1 false 4 entries were displayed.
    1. IDRstorage aggregate modify -aggregate <aggr_name> -is-inactive-data-reporting-enabled trueが有効になっていない場合は、コマンドを使用して Inactive Data Reporting を有効にします。 
    2. ボリューム上のアクセス頻度の低いデータの量を表示するにはVOLUME.XMLvolume show-fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent 、 AutoSupport セクションを使用するか、パラメータを指定してコマンドを実行します
    cluster1::> volume show -fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent vserver volume performance-tier-inactive-user-data performance-tier-inactive-user-data-percent ------- ------ ----------------------------------- ------------------------------------------- vsim1 vol0 0B 0% vs1 vs1rv1 0B 0% vs1 vv1 10.34MB 0% vs1 vv2 10.38MB 0% 4 entries were displayed.
    • performance-tier-inactive-user-dataこのフィールドには、アグリゲートに格納されているユーザデータが非アクティブになっている量が表示されます
    • performance-tier-inactive-user-data-percentこのフィールドには、アクティブなファイルシステムと Snapshot コピーで非アクティブなデータの割合が表示されます
    1. FabricPool のパフォーマンス階層とクラウド階層に格納されているデータの量を表示するには、コマンドvolume show-footprintを実行するか、 AutoSupport セクションを使用します  VOL STATUS -F 

    cluster1::> volume show-footprint -volume vol1 Vserver : SVM1 Volume : vol1 Feature Used Used% -------------------------------- ---------------- ----- Volume Data Footprint 183GB 1% Footprint in Performance Tier 8.85GB 5% Footprint in StorageAccount 174GB 95% Flexible Volume Metadata 1.04GB 0% Delayed Frees 28.8MB 0% Total 184GB 1%

    追加情報

    • 非アクティブなデータレポートを使用して、ボリューム内の非アクティブなデータの量を確認します
    • FabricPool のスペース使用率のモニタリング
    • ONTAP バージョン 9.4 以降で使用可能な IDR を使用すると、各 ONTAP アグリゲートとボリュームでアクセス頻度の低いコールドデータの量を簡単に確認できます
    • ONTAP 9.6 以降のすべての SSD アグリゲートおよび ONTAP 9.4 以降のすべての FabricPool アグリゲートでは、 IDR が自動的に有効になります。ONTAP 9.6 以降では、他のすべてのアグリゲート( HDD アグリゲートを含む)でも IDR を有効にすることができます。
    • 有効にすると、 31 日間の一定のクーリング期間の基盤となるデータアクセスを IDR で監視して、アクセス頻度の低いデータとみなすデータを特定します。
    • ONTAP 9.8 以降では、自動階層化ポリシーと Snapshot のみ階層化ポリシーについて、 IDR で使用するクーリング期間を調整できます。
    • 特定したデータのサイズは、アグリゲート単位およびボリューム単位で表示できます

    参考: NetApp Cloud Tiering と Inactive Data Reporting    

     

    Scan to view the article on your device