メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

FabricPool 非アクティブデータレポートの機能

Views:
102
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
cloud-tiering
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9.6
  • FabricPool
  • Inactive Data Reporting ( IDR )

回答

  1. アグリゲートで IDR が有効になっていることを確認するには、コマンドを使用します storage aggregate show -fields is-inactive-data-reporting-enabled
    cluster1::> storage aggregate show -fields is-inactive-data-reporting-enabled aggregate is-inactive-data-reporting-enabled ----------------- ---------------------------------- aggr0_cluster1_01 false aggr0_cluster1_02 false cluster1_01_SSD_1 false cluster1_02_SSD_1 false 4 entries were displayed.
    1. IDRstorage aggregate modify -aggregate <aggr_name> -is-inactive-data-reporting-enabled trueが有効になっていない場合は、コマンドを使用して Inactive Data Reporting を有効にします。 
    2. ボリューム上のアクセス頻度の低いデータの量を表示するにはVOLUME.XMLvolume show-fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent 、 AutoSupport セクションを使用するか、パラメータを指定してコマンドを実行します
    cluster1::> volume show -fields performance-tier-inactive-user-data,performance-tier-inactive-user-data-percent vserver volume performance-tier-inactive-user-data performance-tier-inactive-user-data-percent ------- ------ ----------------------------------- ------------------------------------------- vsim1 vol0 0B 0% vs1 vs1rv1 0B 0% vs1 vv1 10.34MB 0% vs1 vv2 10.38MB 0% 4 entries were displayed.
    • performance-tier-inactive-user-dataこのフィールドには、アグリゲートに格納されているユーザデータが非アクティブになっている量が表示されます
    • performance-tier-inactive-user-data-percentこのフィールドには、アクティブなファイルシステムと Snapshot コピーで非アクティブなデータの割合が表示されます
    1. FabricPool のパフォーマンス階層とクラウド階層に格納されているデータの量を表示するには、コマンドvolume show-footprintを実行するか、 AutoSupport セクションを使用します  VOL STATUS -F 

    cluster1::> volume show-footprint -volume vol1 Vserver : SVM1 Volume : vol1 Feature Used Used% -------------------------------- ---------------- ----- Volume Data Footprint 183GB 1% Footprint in Performance Tier 8.85GB 5% Footprint in StorageAccount 174GB 95% Flexible Volume Metadata 1.04GB 0% Delayed Frees 28.8MB 0% Total 184GB 1%

    追加情報

    • 非アクティブなデータレポートを使用して、ボリューム内の非アクティブなデータの量を確認します
    • FabricPool のスペース使用率のモニタリング
    • ONTAP バージョン 9.4 以降で使用可能な IDR を使用すると、各 ONTAP アグリゲートとボリュームでアクセス頻度の低いコールドデータの量を簡単に確認できます
    • ONTAP 9.6 以降のすべての SSD アグリゲートおよび ONTAP 9.4 以降のすべての FabricPool アグリゲートでは、 IDR が自動的に有効になります。ONTAP 9.6 以降では、他のすべてのアグリゲート( HDD アグリゲートを含む)でも IDR を有効にすることができます。
    • 有効にすると、 31 日間の一定のクーリング期間の基盤となるデータアクセスを IDR で監視して、アクセス頻度の低いデータとみなすデータを特定します。
    • ONTAP 9.8 以降では、自動階層化ポリシーと Snapshot のみ階層化ポリシーについて、 IDR で使用するクーリング期間を調整できます。
    • 特定したデータのサイズは、アグリゲート単位およびボリューム単位で表示できます

    参考: NetApp Cloud Tiering と Inactive Data Reporting    

     

    Scan to view the article on your device