メインコンテンツまでスキップ

同時にアクティブにできる vol move 処理の数

Views:
67
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

clustered Data ONTAP 8.3

ONTAP 9

回答

同時ボリューム移動ジョブ

ボリューム移動ジョブは、クラスタ内の同じノードまたは異なるノードで同時に実行できます。一般に、同じコントローラで処理されるすべてのジョブは、使用可能なバックグラウンドリソースを共有します。このリソースは、 SnapMirror などの他のトラフィックと共有されます。vol move のレプリケーションは、初回転送時に自動的かつ透過的に調整されるため、クライアントのレイテンシが増加しません。したがって、 1 つのノードで多数のボリューム移動ジョブを同時に開始しても、ボリューム移動ジョブの複数のバッチが連続して開始された場合よりも、ボリューム移動が完了しないことがあります。

Data ONTAP 8.3 および ONTAP 9.x では、自動および透過的なガバナープロセスがキューに入れられ、管理者が必要な数のジョブを個別に開始できるように vol move ジョブが調整されます。カウンタには、ソースアグリゲートまたはターゲットアグリゲートとして、現在のすべての vol move ジョブの各ノードが所有するアグリゲートへの参照数が記録されます。開始された vol move ジョブにノードのアグリゲート参照が 8 つ以下含まれている場合、すべてのジョブは中断されずに実行されます。後続の vol move ジョブで、そのノード上のアグリゲートに追加の参照が行われた場合、実行中のジョブのいずれかが完了するまで、ターゲットボリュームの作成後にセットアップフェーズで待機します。

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?