メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.2+ で「 ifconfig -v 」を使用して LACP の問題をトラブルシューティングする方法

Views:
300
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
network
Last Updated:

環境

ONTAP 9.2+

Description

  • この KB では ifconfig -v、 From ノードシェルを使用して、 ONTAP 9.2 以降で LACP に関する問題をトラブルシューティングする方法について説明します
  • コマンドをsystem node run -node <node> -command ifconfig -v2 回実行し、 2 分間待ってからコマンドをもう一度実行します
    • これにより、カウンタで増分を表示できます
  • ONTAP 9.2 で行われたネットワークスタックの変更により、以前のバージョンの Data ONTAP での LACP のトラブルシューティング方法が変更されました。
    • 1 /mroot/etc/log/lacp_log つは新しいデータが取り込まれなくなりました。ただし、 ONTAP 9.2 より前のバージョンで使用されたファイルからはデータが残っている可能性があります。
    • ifgrp status ノードifconfig -vシェルには、コマンドの代わりにノードシェルからは利用されません。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device