メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.2+ で「 ifconfig -v 」を使用して LACP の問題をトラブルシューティングする方法

Views:
185
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
network
Last Updated:

環境

ONTAP 9.2+

Description

  • この KB では ifconfig -v、 From ノードシェルを使用して、 ONTAP 9.2 以降で LACP に関する問題をトラブルシューティングする方法について説明します
  • コマンドをsystem node run -node <node> -command ifconfig -v2 回実行し、 2 分間待ってからコマンドをもう一度実行します
    • これにより、カウンタで増分を表示できます
  • ONTAP 9.2 で行われたネットワークスタックの変更により、以前のバージョンの Data ONTAP での LACP のトラブルシューティング方法が変更されました。
    • 1 /mroot/etc/log/lacp_log つは新しいデータが取り込まれなくなりました。ただし、 ONTAP 9.2 より前のバージョンで使用されたファイルからはデータが残っている可能性があります。
    • ifgrp status ノードifconfig -vシェルには、コマンドの代わりにノードシェルからは利用されません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support