メインコンテンツまでスキップ
If you missed the pre-registration for NetApp MS Azure AD B2C Go Live, when you log in, the new login prompt will offer the option to register. Please note that access to your NetApp data may take up to 1 hour. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

SE次元 トレースの収集方法

Views:
29
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8

説明

  • 認証関連問題のトラブルシューティング中に、セキュリティデーモン( SECD )の冗長度を上げる必要がある場合があります。
  • 次に、 diag level コマンドに関連するオプションと、推奨される使用方法の概要を示します。
    • diag レベルのコマンドは、ネットアップサポートのガイダンスに従ってのみ使用してください
    • デフォルトでは、 secd はエラーと失敗した RPC コマンドのみをログに記録します
      • トラブルシューティングが完了したら、トレースをクリアします。
      • これにより、アクティブなトレースを実行したままにすることで、システムで追加のオーバーヘッドが発生することがなくなります。
      • クリアするには、すべてのノードで次の手順を実行します。 ::*> diag secd trace clear -node <node> -vserverids yes

追加情報

  • SecD は diag コマンドであるため、公開されている情報にこれらの例は記載されていません。
    • 次に、トレースを実行するコマンドの例を示します
    • このドキュメント全体をお読みになり、以下のすべてのオプションを確認してください。

test1::*> diag secd trace set -node test1-01 -vserverids main -trace-all yes

S2D トレース設定の基本:

  • secd  使用は diag レベルに制限されています
  • set diag コマンドを実行する前に、を呼び出す必要があります。
    • コマンドの例:

test1::*> diag secd trace ?
clear                       *Clear Trace Options
set                         *Set Trace Options
show                        *Show Trace

  • show オプションを使用して、現在のトレース設定を確認します。
    • トレース設定がパラメータと一致clearする場合は、オプションを使用して現在の設定をすべて削除します。    

test1::*> diag secd trace show -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------

Trace spec has not been set.

  • トレースを設定するときに使用できるパラメータは次のとおりです。 
    • 注:set コマンドを実行するときは常にノードが必要です。 

 test1::*> diag secd trace set ?
   [-node] <nodename>                   *Node
  [[-trace-all] {yes|no}]               *Trace All RPCs
  [ -vserverids <vserver>, ... ]        *Id List
  [ -ipaddrs <text>, ... ]              *Address List
  [ -domain-names <text>, ... ]         *Domain List
  [ -dc-names <text>, ... ]             *DC List
  [ -rpc-names <rpc_name>, ... ]        *RPC List
  [ -module-names <module_name>, ... ]  *Module List
  [ -trace-connectivity {yes|no} ]      *Trace Connection Errors

  • test1-01, の例は、「 domain 」という Storage Virtual Machine ( SVM )を含むノードにトレースを設定します。 

test1::*> diag secd trace set -node test1-01 -vserverids main -trace-all yes
Trace spec is set successfully for trace-all Vservers.

  • トレースパラメータを確認します。

test1::*> diag secd trace show -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------
TraceAll:                     Tracing all RPCs
Vserver IDs:                  main

  • メモ
    • set'' に関連付けられclearているコマンドは累積的であり、 '' に関連付けられているコマンドはサブトラックになります。
    • したがって、上記の例のように、次のコマンドを実行して、キャプチャを特定のドメインに制限します。

test1::diag secd trace set -node test1-01 -domain-names test
Trace spec is set successfully for domains.

test1::diag secd trace show -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------
TraceAll:                     Tracing all RPCs
Domain names:                 test
Vserver IDs:                  main

  • メモ
    • 次に示すように、ドメインは、 SVM ID を含む既存のトレースパラメータに追加され、フィルタリング対象の IP アドレスも追加されます。
    • トレースを特定の IP アドレスのセットに制限します。

test1:: secd trace set -node test1-01 -ipaddrs 10.10.10.10,10.10.10.11,10.10.10.12,10.10.10.13
Trace spec is set successfully for ipaddrs.

  • トレースフィルタに、 SVM ID 、ドメイン、および特定の IP アドレスのリストが追加されました。 

test1::diag secd*> trace show  -node test1-01                                                                         
Trace Spec   
---------------------------------------
TraceAll:                     Tracing all RPCs
IP Addrs:                     10.10.10.10 10.10.10.11 10.10.10.12 10.10.10.13 
Domain names:                 test
Vserver IDs:                  main

  • 上記の clear ように、このオプションは subtractive です。
    • 次のヘルプコンテキストで説明したように、各パラメータに関連付けられている入力は「はい」または「いいえ」です。

  test1::diag secd*> trace clear ?
   [-node] <nodename>               *Node
  [[-trace-all] {yes|no}]           *Clear Trace All
  [ -vserverids {yes|no} ]          *Clear VserverIds
  [ -ipaddrs {yes|no} ]             *Clear Ipaddrs
  [ -domain-names {yes|no} ]        *Clear Domains
  [ -dc-names {yes|no} ]            *Clear DC
  [ -rpc-names {yes|no} ]           *Clear RPC
  [ -module-names {yes|no} ]        *Clear Module
  [ -trace-connectivity {yes|no} ]  *Clear Trace Connection Errors

  • そのため、次showのコマンドを実行すると、エントリ全体が誤っていると想定されます(次の出力を参照)。すべてのエントリをクリアするようにしてください。
  • 注:パラメータが正しく消去されないと、原因で今後のログ収集処理に問題が生じる可能性があります。 

test1::diag secd trace clear  -node test1-01 -trace-all yes

test1::diag secd trace show  -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------
IP Addrs:                     10.10.10.10 10.10.10.11 10.10.10.12 10.10.10.13
Domain names:                 test
Vserver IDs:                  main

  • 次の構文では、トレースエントリが完全に削除されます。

test1::diag secd trace clear -node test1-01 -ipaddrs yes -domain-names yes -vserverids yes

test1::diag secd trace show  -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------
Trace spec has not been set.

手順 - Actual Trace コレクション:
  • 上記の情報を使用して、トレースパラメータを正しく設定できます。
  • キーを付けるモジュールがわからtrace-all yesない場合は、設定を使用してできるだけ多くのデータをキャプチャすることをお勧めします。
  • 次の手順を実行してください。
  1. 問題を再現 show する前に、コマンドを実行してパラメータを検証し、ケースデータに含めます。

    : 1) 必ず、再現期間中にならないようにしてください。複製が完了したら、すぐにトレースを無効にします。
    2) 複製に関するすべての関連情報を文書化することが重要である。
        日時、ユーザ名、情報、 IP アドレス、所属先(クライアント、 LIF 、 DC )、ファイル名、ボリューム、
    また、情報を共有することでログ分析が大幅に支援されます。
     
  2. トレース収集シーケンスについては、次の例を参照してください。

 test1::> set d
Warning: These diagnostic commands are for use by NetApp personnel only.
Do you want to continue? {y|n}: y

test1::*> diag secd trace show -node test1-01
 Trace Spec
---------------------------------------
Trace spec has not been set.

test1::*> diag secd trace set -node test1-01 -vserverids main -trace-all yes
Trace spec set successfully for trace-all, Vservers.

test1::*> diag secd trace show -node test1-01
Trace Spec
---------------------------------------
TraceAll:                     Tracing all RPCs
Vserver IDs:                  main

 

  1. アクティビティが完了したら、トレースのすべての側面を完全にクリアします。
    showコマンドを実行して、トレースが設定されていないことを確認します。
    test1::*> diag secd trace set -node test1-01 -vserverids main -trace-all no
    Trace spec set successfully for Vservers.
    Trace spec cleared successfully for trace-all.

    test1::*> diag secd trace show -node test1-01
    Trace Spec
    ---------------------------------------
    Vserver IDs:                  main

    test1::*> diag secd trace clear -node test1-01 -vserverids yes

    test1::*> diag secd trace show -node test1-01
    Trace Spec
    ---------------------------------------
    Trace spec has not been set.

     
  2. 両方
    ::> autosupport invoke * -type all
    secd (/etc/log/mlogのノードから Type All AutoSupport を生成します(これにより、 SE次元 トレースデータがアップロードされます)。注:ユーザはログをアップロードすることもできます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support