メインコンテンツまでスキップ

ONTAP でアグリゲートとボリュームの「ほぼフル」しきい値と「フル」しきい値を設定する方法

Views:
990
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9

説明

ボリュームのしきい値
  • 「ボリュームがほぼフル」しきい値は、ボリュームがほぼフルであるとみなす割合を示します。このしきい値を超えると、 EMS 警告が生成されます。
    • デフォルト値は95%です。
    • このオプションの最大値は99%です。
    • このしきい値を0に設定すると、ボリュームのスペースがほぼフルであることを示すアラートが無効になります。
  • 「ボリュームがフル」しきい値は、ボリュームがフルであると判断される割合を示し、それを超えるとクリティカルな EMS エラーが生成される割合を示します。
    • デフォルト値は98%です。
    • このオプションの最大値は100%です。
    • このしきい値を0に設定すると、ボリュームのスペースがフルであることを示すアラートが無効になります。

Netapp::> volume show -volume vol1 -fields space-nearly-full-threshold-percent,space-full-threshold-percent
vserver volume space-nearly-full-threshold-percent space-full-threshold-percent
------- ------ ----------------------------------- ----------------------------
svm1    vol1   95%                                 98%

アグリゲートのしきい値
  • [Aggregate Nearly Full Threshold Percent] :このオプションで、アグリゲートをほぼフルとみなす割合を指定します。この値を超えると、 EMS 警告が生成されます。
    • デフォルト値は95%です。
    • このオプションの最大値は99%です。
    • このしきい値を0に設定すると、アグリゲートのスペースがほぼフルになったときのアラートが無効になります。
  • アグリゲートの「フル」のしきい値(%)
    • (オプション)このパラメータは、アグリゲートがフルであるとみなす割合を指定します。この値を超えると、重大なEMSエラーが生成されます。
    • デフォルト値は98%です。
    • このオプションの最大値は100%です。
    • このしきい値を0に設定すると、アグリゲートのスペースがフルになったときのアラートが無効になります。

Netapp::> aggr show -aggregate aggr1 -fields space-nearly-full-threshold-percent,space-full-threshold-percent
aggregate space-nearly-full-threshold-percent space-full-threshold-percent
--------- ----------------------------------- ----------------------------
aggr1     95%                                 98%

Scan to view the article on your device