メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

フォルダの名前変更をキャプチャするようにCIFS監査を設定する方法

Views:
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8<a>1032051</a>
Specialty:
cifs
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • CIFS監査

説明

ネットアップストレージにホストされているCIFS共有にアクセスするWindowsクライアント。

CIFS共有に格納されている第1レベルのフォルダ(例:Accounting)は、誤って、まだ不定なユーザまたはプロセスの時点で名前が変更されます。CIFS監査を使用して、フォルダの名前を変更するユーザのユーザ名とIPアドレスをキャプチャする。

Microsoft Windows ACL(アクセス制御リスト)は、ユーザーがフォルダの名前を変更する機能をブロックしません。フォルダの名前変更をブロックするACLは1つもありません。この理由は、Windowsがフォルダの名前を変更するために、[属性の削除]と[属性の書き込み]の両方を使用するためです。残念ながら、これらはユーザが必要とする属性と同じであるため、ブロックできません。そのため、フォルダが誤って名前を変更してしまう可能性があります。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support