メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

クラスタ( admin ) SVM の LDAP 認証を設定する方法

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • NFS
  • NAS
  • CIFS
  • ONTAP 9.2
  • ONTAP 9
  • 管理
  • ONTAP 9.1

説明

次の手順では、クラスタ Data ONTAP でクラスタ( admin ) SVM の LDAP 認証を正しく設定するために必要な手順を示します。

  • これにより、 Windows AD LDAP に格納された UNIX Credt伴 を使用して、 ONTAP に対する管理認証( SSH 、 ONTAPI 、 Web )を実行できます。
  • この例では、使用している設定と値が環境と一致していることを確認してください。
  • この手順は ONTAP 9.x でテストされていますが、以前のバージョンの CDOT でも動作することが予想されます。


前提条件
: ONTAP 側で、設定されたスキーマとその属性が Active Directory スキーマで正確に設定されている内容を反映していることを確認し、読み取り専用スキーマの 1 つをコピーして、適切に変更します。
LDAP スキーマの設定例
How to configure RFC 2307bis for Windows
[1]

: AD スキーマの詳細が不明な場合は、 clustered Data ONTAP 8.x 用に LDAP を設定する方法を参照してください ドメイン管理
者に相談するか、 Active Directory に接続して、 MMC スナップインを開き、 [ 表示 ] メニューの [ 詳細機能 ] を有効にして、ユーザーの [ プロパティ ] > [ 属性エディタ ] の属性を確認します。

詳細、ベストプラクティス、またはトラブルシューティング手順については、
[2]
『 Unified Windows and UNIX Authorization Using Microsoft Active Directory LDAP as a Directory Store Secure Unified Authentication Kerberos 、 NFSv4 、および LDAP in ONTAP 』を参照してください
 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support