メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

ノード固有の AutoSupport 9.5 以降の ONTAP を設定する方法 「送信元」アドレス

Views:
51
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.5
  • ONTAP 9.6
  • AutoSupport

概要

  • ONTAP 9.5 以降では 、 system node AutoSupport modify コマンドの範囲はクラスタ全体に適用されます
  • したがって、すべての AutoSupport 設定がクラスタ内のすべてのノードにレプリケートされます。
  • クラスタ内のすべてのノードで「送信元」アドレスが同じであることは、会社の SMTP 許可リストポリシーでは許容できない設定になる可能性があります

機能 拡張バグ: 1254726 -各ノードに一意の AutoSupport 「送信元」アドレスを設定する機能が追加されました

  • 各ノードに一意の AutoSupport 「送信元」アドレスを設定する機能を使用するには、次のアドレスにアップグレードします。
    • ONTAP 9.5P10 以降
    • ONTAP 9.6P3 以降
    • ONTAP 9.7 以降

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

 

  • この記事は役に立ちましたか?