メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

SNMP 用に Brocade スイッチを設定する方法

Views:
21
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

SAN プロトコル

説明

簡易ネットワーク管理プロトコル( SNMP )は、複雑なネットワークを管理するためのアプリケーション層プロトコルのセットです。  SNMP では、ネットワークデバイスとデバイスをポーリングし、ステータスメッセージを中央管理サーバに返します。  SNMP を使用したネットワーク管理には、 3 つのコンポーネントが必要です

  • SNMP Manager
  • SNMP Agent
  • Management Information Base(MIB;管理情報データベース)
SNMP Manager

SNMP マネージャは、 SNMP プロトコルを使用してネットワーク内のデバイスと通信します。通常、 SNMP マネージャは、ネットワークパラメータを監視し、オプションで管理対象デバイスのパラメータを設定することで、ネットワークを管理します。

SNMP Agent

SNMP エージェントはネットワーク内の管理対象デバイスに常駐し、これらのデバイスからデータを収集します。SNMP エージェントは、データを保存し、 SNMP マネージャによってポーリングされるときに送信します。また、トラップと呼ばれる特別に設定されたトリガーを使用して、 SNMP マネージャにイベントに関するアラートを自動的に送信することもできます。

Management Information Base(管理情報データベース)の略。

管理対象デバイスの SNMP エージェントは、これらのデバイスに関するデータを MIB (管理情報ベース)と呼ばれるデータベースに格納します。  この MIB を使用すると、 SNMP マネージャは、デバイスが返す各値の意味を把握できます。MIB 構造によって、デバイスで許可される管理アクセスの範囲が決まります。 

基本的な SNMP 操作
  1. すべての Brocade デバイスには、エージェントと管理情報ベース( MIB )が搭載されています。エージェントは、デバイスに関する情報にアクセスし、 SNMP ネットワーク管理ステーションで使用できるようにします。
  2. アクティブになると、管理ステーションはエージェントに照会するときに情報を取得したり、情報を設定したりします。SNMP コマンドは管理ステーションから送信され、値が取得または変更されると、エージェントは応答します。 
  3. 管理ステーションは、異常なイベントが発生した場合にもトラップ / アラートを受信します。
  4. エージェントは、 1 つ以上の管理ステーションからクエリーを受信し、最大 6 つの管理ステーションにトラップを送信できます。

 

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support