メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP で、移行した SnapLock ボリュームの監査ボリュームを設定する方法

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • ONTAP 9 
  • Data ONTAP 7
  • SnapLock

説明

SnapLock 監査ボリュームの移行は、 7-Mode Transition Tool 3.1 からサポートされます(ターゲットクラスタで ONTAP 9.0 以降が稼働している場合)。SnapLock 監査ボリュームを移行する前に、次の点に注意してください。

SnapLock 監査ボリュームの移行に関する考慮事項

: SnapLock ボリュームは SnapLock Compliance タイプです。したがって、 7-Mode Transition Tool からの SnapLock 監査ボリュームの移行ワークフローは、 SnapLock Compliance ボリュームの移行ワークフローと同じです。


SnapLock Compliance ボリュームは、 MetroCluster 構成のターゲットクラスタに移行できません。SnapLock 監査ボリュームは SnapLock Compliance ボリュームタイプであるため、 MetroCluster 構成のターゲットクラスタに移行することもできません。

Data ONTAP 7-Mode システムでは、 SnapLock 監査ボリュームは常にデフォルト vFiler ユニットの一部であり、すべての vFiler ユニットのすべての SnapLock Enterprise ボリュームの統合監査リポジトリとして機能します。したがって、監査ログ情報を移行する場合は、デフォルト vFiler ユニットの SnapLock 監査ボリュームを移行する必要があります。

clustered Data ONTAP では、 SnapLock 監査ログボリュームは SVM レベルで設定されます。7-Mode に複数の vFiler ユニットにまたがる SnapLock Enterprise ボリュームがあり、監査処理のために共通の SnapLock 監査ボリュームを共有している場合、移行中はこの動作を維持できません。これは、各 SVM に、 clustered Data ONTAP で個別の監査ボリュームを設定する必要があるためです。


SnapLock 監査ボリュームオプションの移行に関する考慮事項:
  • オプションsnaplock.autocommit_periodは移行の一部として移行されます。
  • snaplock.compliance.write_verifyこのオプションは、 clustered Data ONTAP では使用できません。
  • snaplock.log.default_retentionsnaplock.log.maximum_sizeオプションとは、 clustered Data ONTAP でサポートされています。ただし、 7-Mode Transition Tool では、これらのオプションは clustered Data ONTAP に移行されません。 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?