メインコンテンツまでスキップ

OnBoard Key Manager (OOKM) をパスワードで保護されたブート用に設定する方法

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • オンボードキーマネージャ( OTM )
  • NetApp Volume Encryption(NVE)
  • ONTAP 9

説明

この資料では、オンボードキーマネージャ (OOKM) をパスワードで保護されたブート用に設定する手順について説明します。

  • ONTAP バージョン 9.4 以降では、システム起動プロセス中にオンボードキーマネージャ( OTM )パスフレーズを要求する機能があります。
  • OTM 保護ブート機能は、システムに物理的にアクセスする可能性のある攻撃者から ONTAP システムを保護します。
  • OTM 保護ブート機能が有効になっている場合、システムの起動時に OTM パスフレーズが必要になります。
  • この機能は、 ONTAP システムをある場所から別の場所に物理的に移動する場合に特に便利です。
  • 必要に応じて、転送機能を有効にし、転送が完了したら無効にすることができます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?