メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ボリュームに Unicode 以外のディレクトリが含まれているかどうかを確認する方法

Views:
54
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

説明

create_ucode オプションが無効になっているボリュームで NFS ( Network File System )を使用してファイルを作成する場合、 CIFS ユーザがディレクトリにアクセスするときに、ディレクトリを Unicode 形式に変換する必要があります。ファイル数が非常に多いボリュームでは、この変換プロセスがパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

ディレクトリを Unicode 形式に移動する別の方法については、バグ 13131 「大規模ディレクトリから CIFS Unicode 形式への変換に時間がかかることがある」を参照してください 

この資料では、ボリュームに Unicode 以外のディレクトリが含まれているかどうかを確認する手順について説明します。また、プロセス中に Unicode 変換がトリガーされないようにする手順についても説明します。

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

 

  • この記事は役に立ちましたか?