メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP 8 でアグリゲート Snapshot を無効にする方法

Views:
19
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • clustered Data ONTAP 8.3

説明

clustered Data ONTAP でのアグリゲートレベル Snapshot のデフォルト設定は次のとおりです。

  • aggregate option nosnap=off
  • aggregate option snapshot_autodelete=on
  • aggregate snapshot schedule is 0 1 4@9,14,19
  • aggregate snapshot reserve is 0

上記の設定では、スケジュールに従って Snapshot が作成され、維持されます。アグリゲートがいっぱいになると、 Data ONTAP によって Snapshot の削除が自動的に開始され、アグリゲート Snapshot 用のスペースは予約されません。

Data ONTAP 8.3.1以降では、Data ONTAPコマンドライン インターフェイス(CLI)でアグリゲートSnapshotコピーを作成することはできなくなりました。

  • アグリゲートSnapshotコピーは、SyncMirrorおよびMetroClusterテクノロジをサポートする目的でのみ使用されます。データ保護には使用しないでください。
  • Data ONTAP 8.3以降のバージョンで作成したアグリゲートでは、Snapshotコピーの作成がデフォルトで無効になります。
  • Snapshot コピー作成を有効にした既存のアグリゲートがある場合は、ノードシェルで次のコマンドを使用してディセーブルにする必要があります。

aggr options aggr_name nosnap on

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support