メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

clustered Data ONTAP で ip.fastpath を無効にする方法

Views:
22
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
network
Last Updated:

に適用されます

  • ONTAP 9.1
  • ONTAP 9.0
  • clustered Data ONTAP 8.3 
  • clustered Data ONTAP 8.2 
  • clustered Data ONTAP 8.1
  • clustered Data ONTAP 8 

説明

  • IP FastPath は、着信要求のネットワークインターフェイスを使用して、要求を送信した MAC に応答を直接送信するメカニズムで、ルーティングテーブルをバイパスします。ルーティング テーブルを検索しないため、データへの素早いアクセスが可能です。
  • clustered Data ONTAP 8.0 では SK スタックが使用されるため、ネットワーキングには Data ONTAP 7G/7-Mode が使用されます。デフォルトでは、「 ip.fastpath 」オプションは clustered Data ONTAP では設定できず、 clustered Data ONTAP 8.0 ではデフォルトで有効になっています。
  • Data ONTAP 8.3.1 以降では、 clustered Shell から ip.fastpath オプションを変更できます。
  • IP FastPath は 9.2 以降で廃止され、ルートキャッシングに置き換えられました。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support