メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

ボリューム上で I2P を有効または無効にする方法

Views:
41
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8

説明

Inode To Pathname は、ボリュームごとのオプションの WAFL ファシリティです。デフォルトで有効になっており、 inode 番号およびボリューム仕様を、 inode を参照するすべての Filer の相対パス名にマッピングできます。Inode To Pathname 機能は、次の手順でオンまたはオフにすることができます。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device