メインコンテンツまでスキップ
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video.

ホスト OS から iSCSI Software Initiator Node Name ( IQN )を識別する方法

Views:
100
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
iscsi-initiator-support-kit
Specialty:
san
Last Updated:

環境

  • SAN
  • FlexPod

概要

すべてのiSCSIノードには、ノード名が必要です。ノード名は通常、 iSCSI 修飾名( IQN )形式を使用します。  この標準は業界標準であり、ネットアップに必要です。  iqnタイプ指定子とは、IPアドレスにリンクされていない論理名のことです。

次に、形式の例を示します。

iqn.yyyymm.backward-naming-authority:unique-device-name

yyyy-mmは、命名機関がそのドメイン名を取得した年と月です。

「 backward naming-authority 」は、このデバイスの命名を担当するエンティティの逆ドメイン名です。リバースドメイン名の例は、「 com.microsoft 」です。

「 unique-device-name 」は、命名機関によって割り当てられたこのデバイスの自由形式の一意の名前です。

次の例は、アプリケーション サーバであるイニシエータのiSCSIノード名です。

iqn.1991-05.com.microsoft:example

:イニシエータによっては、上記の形式が異なる場合があります。

iSCSI イニシエータノード名は、 LUN をホストにマッピングする目的で、 iSCSI ホストを Data ONTAP イニシエータグループ( igroup )に関連付ける場合に使用します。

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support