メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ストレージレイテンシの原因となっているユーザワークロードから上位のワークロードを特定する方法

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 7-Mode
  • Bully ワークロード:フロントエンドの CIFS/FCP/iSCSI/NFS ワークロード。 IOPS とスループットが向上し、データ処理やディスクサブシステムなどの遅延センターを支配します
  • 被害者のワークロード:フロントエンドワークロードで、 Bully ワークロードによって遅延センターが消費されるため、レイテンシが高くなります

説明

  • この資料では、ストレージの競合を引き起こしている、負荷の高いワークロードを追跡する方法について説明します。
  • この記事はヒントを提供するのに役立ちますが、他のテクニックがある場合もあります。ネットアップでは、ストレージ以外の場所での特定とトラブルシューティングのための最適な方法や推奨される方法については、アドバイスを提供できません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support