メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

クラスタ間およびクラスタ内Volume SnapMirrorのTCP受信ウィンドウバッファサイズを増やす方法

Views:
207
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8

説明

クラスタ間SnapMirrorおよびクラスタ内SnapMirrorは ctlopcp、というネットワークサービスを使用します。 

  • ctlopcp このサービスでは、クラスタ間接続とクラスタ内接続用に調整可能なTCP受信バッファウィンドウを使用できます。
    • クラスタ間TCP受信バッファウィンドウのデフォルトのサイズは2MBで、クラスタ内TCP受信バッファウィンドウのデフォルト値は256KBです。
    • TCP受信バッファウィンドウは最大7MBまで増やすことができ、256KBに減らすことができます。
  • クラスタ間TCP受信バッファウィンドウを増やすと、大容量のWAN接続で作業するときの実効スループットが向上する可能性があります。
    • ただし、レプリケーションに使用されるアクティブなTCPストリームの数が増えるため、この処理は必要ありません。
    • 詳細については 、TR-4015の「Network Connections for Inter-Cluster SnapMirror」セクションを参照してください。
  • デフォルトでは、クラスタ間TCPはバッファウィンドウの自動調整を受信します。
    • これらはTCPストリームごとに64KBからスタートし、クラスタ間レプリケーションに対応するために設定された最大値(デフォルトは2MB)に拡張します。
    • サイズが大きくなっても、TCPストリームが開いている間は受信バッファウィンドウが縮小されません。

 

Scan to view the article on your device
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support