メインコンテンツまでスキップ

Solaris 10/11 での複数の iSCSI セッションの動的検出方法を使用した管理方法

Views:
6
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
san
Last Updated:

に適用されます

Solaris 10/11

説明

  • パッケージ iscsiadm は、ホスト上の iSCSI ソフトウェアイニシエータを管理します。動的デバイス検出方式を使用する場合、正しいセッション数を指定すると、セッションが個々の TPGT ( Target Portal Group Tag )上に作成されます。
  • 動的検出では、単一のターゲットデバイスアドレス( IQN または IP )を指定できます。表示されるターゲットデバイスまたはターゲットポータルグループタグに対する SendTargets でのクエリ

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support