メインコンテンツまでスキップ

Robocopy を使用して Windows ACL を保持し、 NetApp CIFS サーバにファイルを移動する方法

Views:
1,239
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

のとう

のとう

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7-Mode
  • Microsoft Windows
  • CIFS / SMB

説明

Robocopy を使用してファイルサーバから NetApp CIFS サーバにファイルをコピーし、 Windows 権限を維持します。

手順

  • Robocopyを使用すると、ユーザはファイラーにコピーするときにWindowsファイルのアクセス権を維持できます。
    • WindowsサーバからNetApp Filerにファイルをコピーするには、次のコマンド構文を使用します。
    • robocopy source destination /S /SEC
  • コピー/移動されるファイルの現在の所有権設定を保持Oするには'RobocopyコマンドとともにCopyFlagを使用する必要があります 
    • コピーオプション""/copyall/copy:DATSOUO/copy:は""に相当するため'コピーフラグ""も含まれていますが'オプション""を使用してカスタムコピーフラグを使用し'次にここで説明するように'必要なコピーフラグを指定することもできます
    • robocopy /S /COPYALL
    • robocopy /S /COPY:DATSO
  • 移行のパイロットフェーズでデータを同期するには、次のスクリプトを作成し、Windowsソースサーバーで1時間ごとに実行するようにスケジュールすることもできます。

robocopy <sourcedir> <destinationdir> /copyall /mir /zb /r:1 /w:3

 

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device