メインコンテンツまでスキップ

手動によるストレージのテイクオーバー / ギブバックを行わずに、クラスタ内のノードを無停止でリブートする方法

Views:
11
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

のとう

のとう

に適用されます

ONTAP 9

説明

この資料では、自動化された非ディスティプティブアップグレード( ANDU )機能を使用して、手動でストレージのテイクオーバー / ギブバックを行わずに、クラスタ内のノードを無停止でリブートする方法について説明します。  

ONTAP アップグレードの範囲外にあるクラスタ内のノードを、システムを停止せずに高速にリブートする必要が生じることがあります。一般的な使用例としては、セキュリティパッチの適用後のリブートや、ノードのリブートが必要なその他の設定の更新があります。クラスタのサイズが大きくなると、各ノードの手動テイクオーバー / ギブバックに時間がかかります。また、手動テイクオーバー / ギブバックは非常にリスクの高い方法であり、人的エラーの影響を受けます。このため、自動化された NDU プロセスで ONTAP イメージの更新を実行するすべての処理を実行するプロセスが必要になるのが理想的です。

これに対処する方法として、ノードが現在実行されているイメージに更新されている場合は、手動でテイクオーバー / ギブバックを実行せずに、ノードのリブートを実行できます。この方法では、 ONTAP のアップグレードを必要としない目的でノードを自動的にリブートできます。この手順は、 2 つ以上のノードを持つクラスタに適用されることに注意してください。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support