メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

DR SVM から個々のファイルをリカバリする方法

Views:
2
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs<a>2009094162</a>
Last Updated:

環境

ONTAP 9
CIFS

説明

DR SVM を SnapMirror から個々のファイルをリカバリできるように設定する方法について説明します。
  1. DR クラスタに CIFS サーバを作成してファイルにアクセスできるようにします。
  2. 必要なデータが格納されているボリュームの SnapMirror を解除します
  3. SnapMirror によってミラーされたボリュームをクローニングし、 CIFS サーバがある SVM にマウントします
  4. Windows から、 CIFS サーバ上の C$ 共有に接続します
  5. クローニングされたボリューム内の必要なファイルを下に移動し、必要な場所にコピーします
  6. クローンボリュームをアンマウントします
  7. クローンボリュームを削除します
  8. SnapMirror を再作成します
Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?