メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

SSL 証明書を更新して設定する方法

Views:
50
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

ONTAP 9

  • SSL証明書 
  • System Manager
  • NAS
    • LDAP
  • BMC / SP
  • FabricPool
  • S3 ONTAP
  • 暗号化
  • Active IQ Unified Manager

説明

このガイドに従って、 ONTAP SSL 証明書の問題または質問に適した解決策を探してください。

SSL
プロトコルを管理すると、デジタル証明書を使用して Web サーバとブラウザの間に暗号化された接続を確立することで、 Web アクセスのセキュリティが向上します。

クラスタまたは Storage Virtual Machine ( SVM )の SSL は 次の方法で管理できます。

  • SSLを有効化する
  • デジタル証明書を生成してインストールし、 クラスタまたは SVM と関連付ける
  • SSL設定を表示してSSLが有効かどうかを確認し、可能な場合はSSL証明書名を表示する
  • クラスタまたは SVM のファイアウォールポリシーを設定し、 Web アクセス要求が通過できるようにします
  • 使用できるSSLのバージョンを定義する
  • WebサービスのHTTPS要求のみにアクセスを制限する
CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support