メインコンテンツまでスキップ

ONTAP の自己署名 SSL 証明書を更新または再作成する方法 NetApp PowerShell Toolkit を使用して作成できます

Views:
101
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • NetApp PowerShell Toolkit

説明

ONTAP では、 SSL 管理アクセス用にデフォルトで自己署名証明書が使用されます。  これらの証明書には有効期限があります。  自己署名 SSL 証明書を最新の状態に保つには、再作成 / 更新プロセスが必要です。  この記事では、 NetApp ONTAP PowerShell ツールキットを使用した 1 つの方法について詳しく説明します。

スクリプトプロセス
  1. クラスタに接続しています
  2. 既存の証明書をすべて収集しています
  3. 証明書が自己署名されていることを確認しています
  4. 以前の証明書と同じプロパティを持つ新しい証明書を作成します。有効期限は 10 年です
  5. 新しい証明書を使用するように SVM に SSL を設定します
  6. 以前の自己署名証明書を削除します
注:これはコミュニティベースのスクリプトであるため、コミュニティではサポートされています。ネットアップサポート部門ではサポートされていません。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support